ダイハツ ウェイクの乗り心地は課題ありで改善の工夫が必要!理由を解説!

ウェイク

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

ダイハツのWAKE(ウェイク)の乗り心地について、オーナーの口コミを調査してみました。

乗り心地というと運転時の乗り心地だけとは限りません。

シートに座った感じやふらつき、振動の具合、さらに乗り心地の改善ポイントなど見るべき箇所は多くあります。

本記事ではウェイクを買おうかどうか迷っている方のために、オーナーの口コミをもとに乗り心地の評価をしています。

それではウェイクの乗り心地について、早速見ていきましょう。

サスが固くて突き上げがあり乗り心地は悪い

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク

乗り心地に一番影響してくるのがサスペンションの固さです。

どうやらオーナーの印象は、ウェイクのサスペンションが「固い」ようです。

オーナーの口コミ:やや不満の声

  • やはり軽自動車なので、道路の凸凹をよく拾います。
  • サスペンションが固すぎで、道路のうねりや突き上げを正直に伝えて来ます。
  • 固いです。綺麗な舗装路なら快適ですが、ガタガタ舗装の田舎道は跳ねます。
  • 乗りごごちはカタイです。路面に凸凹があるとそれを拾ってガタガタします。

サスペンションは車体とタイヤをつなぐ部分の装置をいいますが、サスペンションが固いということは路面からの振動や衝撃をダイレクトに受けてしまうというデメリットがあります。

ですが、メリットとしてはカーブなどでふらつきを抑えた安定した走行が期待できます。

ウェイクは主にキャンプや釣り、海や山などシチュエーションで使われる場合が多いので、サスペンションが固いと乗り心地としては悪く感じてしまうかもしれません。

ちなみに、後ほど紹介しますが、長時間の運転はキツイという声も多くあがっているようです。

ふらつきはなく走行中の安定性が高く乗り心地は◎

安定性については高評価の声が多くみられました。

オーナーの口コミ:満足の声

  • 高速道路も走行しましたが、110km程度のスピードでのふらつきは感じませんでしたし、80kmぐらいでしたら安定した走りを保ってくれます。軽く踏んでいるだけで70Kmぐらいは維持してくれます。
  • 坂の運転も追い越しも問題なし。高速も80キロ走行なら問題なし。

前述したように、ウェイクのサスペンションが固いことから安定性があるといいましたが、まさにオーナーからも安定感があるという声が多くあがっています。

さらに、高速の走行時は80km/hあたりが一番安定した走りを実現できそうですね。

家族で出かけて、山間部を走る際にふらつきなどが多いと子供が車酔いするケースもあるので、このあたりは安定感があるため非常に評価が高いポイントになりそうです。

一方で、課題や弱点もありそうなので紹介します。

運転が疲れるので運転席に乗り心地の課題あり

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク Gグレード前席

運転席にはやや課題がありそうです。

オーナーの口コミ:やや不満の声

  • 運転姿勢という点でみると、シートの高さ調整やハンドルの位置調整ができないので、長距離になると結構疲れました。
  • 全体的の固めのシートと相まって、とても長時間は無理な感じですね。
  • ダイハツ車は、シートリフターやチルトステアリング等が標準装備ではないのが痛い。
  • 最近の車についていそうなチルトハンドル、シートリフター、ウィンカーミラー等が標準装備されておらず、割に合わない感じがします。

運転席にはだいぶ課題がありそうですね。ウェイクの用途はアウトドアなどの遠出がメインかと思いますが、長距離の運転が疲れるという点では非常に懸念を感じてしまいます。

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク Gターボ“レジャーエディション SA Ⅲ”

ちなみに、そんなウェイクのシートタイプはというと撥水加工されたフルファブリックシートになっています。普通のソファなどと同じなんですがオーナーが乗り心地が悪いという理由はどうやらその他にありそうですね。

運転席にある弱点

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク Gターボ“レジャーエディション SA Ⅲ”

オーナーからマイナスなコメントが多い理由はドライビングポジションが悪いという点ですね。

乗り心地が悪い運転席には以下の装備がない

  • チルトステアリング
  • 運転席シートリフター
  • テレスコピックステアリング

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク

厳密に言うとチルトステアリングとシートリフターはオプション設定なので標準ではついてこないんですね。

この辺りが今時の軽自動車だと標準でついてきますので疲れやすいポイントかもしれません。

このオプションですが16,200円ほどでつけれることができるかと思いますのでぜひ装備した方が良いでしょう。

ベンチシートの乗り心地にも懸念

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク ベンチシート

オーナーの口コミ:やや不満の声

  • シートの作りもベンチシートで左右の行き来や乗り降りのしやすさを重視しているからか、ホールド性はあまりないです。

ウェイクのシートタイプはベンチシートのようですね。

ベンチシートといえばセパレートタイプとは違って運転席と助手席がベンチのようにつながっているということです。

そのため、カーブにさしかかった時などは体が傾く可能性が高いです。

ただ、フロントシートに関してはそこまで不満の声はなかったのですが、実はリヤシートの方が最悪なようなんです。

リヤシートは最悪の評価

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク リヤシート

オーナーの口コミ:かなり不満の声

  • 悪評価にならざる得ません。特にリアシート。路面の状況をかなり伝えてきます。
  • 道が悪いと後部座席ガタガタなってる。
  • 前席はまだいいけど後席はシートクッション薄いので辛い。
  • 後部座席の乗り心地は最悪です。今まで経験した事ないぐらい酷い乗り心地です。恐怖すら感じます。

オーナーからはリヤシートに関して不満の声が多数上がっています。

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク リヤシート

おそらくシートをフラットにして室内空間を広々と保つためにリヤシートを薄くしたのでしょうか。

後部座席の乗り心地が悪いようですね。

また、前席はヘッドレストがシートと分割できますが、後席はシート一体型のヘッドレストになっていますので座高が高い方が乗ると長時間の移動は疲れるかもしれません。

乗り心地を工夫して改善しているオーナー

オーナーの中にはこうした乗り心地の悪さを改善している方もいるようでした。

オーナーの口コミ:座布団を敷いている

  • テンピュールの座布団を敷いていますので、乗り心地は緩和されます。

また、オプションで以下のようなものも取り付けが可能のようです。

出典:ダイハツ ウェイクのオプション

ただ、乗り心地改善のために、これらのオプションをつけるにしても1万円〜3万円かかるので嫌ですよね。。。

車中泊はそんなに期待できないかも?

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク

ウェイクの最大の特徴は車中泊ではないでしょうか。

釣りに行って仮眠する、キャンプ後に一休みするなど、車内で過ごす機会も多くなると思います。

その際に、車中泊ができる車として人気の高いウェイクですがシートアレンジで工夫が必要なようです。

オーナーの口コミ:広いけど工夫が必要

  • やはり見晴らしが良いのと、軽自動車とは思えない広さ。前が広い。買ってまじよかった。
  • 本格的に車中泊を!と思ってる方は、どのアレンジをしても段差が出来るので一工夫必要になります。

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク

これの何が問題なのかなんですが、車中泊する際にシートがフラットにならないんですよね。

真ん中付近がやや盛り上がっているので寝づらいという感想もありました。

若干、乗り心地(寝心地)の悪さも目立っているようです。

乗り心地より積載性や体験に期待

ここまで見てきた中で、どちらかというと不満のような声が目立っているかと思いますが、ウェイクは走行性能を意識した車というよりは、積載性や行った場所でできる体験が最大の醍醐味です。

以下のオーナーのコメントがウェイク自体を表している気がします。

オーナーの口コミ:広いけど工夫が必要

  • 軽「なのに」室内広い、荷物詰める、背が高い、高級感ある。軽「なので」燃費良い、諸費用安い、取り回し良い

まさにこのコメントが一番の価値ですね。

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク

続きを見たい場合はダイハツWAKEからどうぞ

本記事のまとめ

いかがでしたでしょうか。今回はダイハツのウェイクの乗り心地について、多様な視点で見てきました。

ウェイクはアウトドア向けの車であることは間違いないので、走行時の乗り心地の良さにはやや欠ける部分が大きく見られましたね。

乗り心地が悪いと感じる場合には、シートをオプションで装備したり市販で買ったりといったことは必要かもしれません。

まずは一度試乗してみて山道などを運転して見ると良いかもしれません。

その他、ウェイクの関連情報については以下の記事でも紹介していますので引き続きご覧ください。

本記事がみなさまの車選びにとって少しでもお役に立てれば幸いです。

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

プリウス

この記事の作者に
いいねしてあげよう!

Copyrights(c)2019 pythons. All rights reserved