ウェイク 特別仕様車(リミテッド)グレードの違いと特徴を詳しく解説!

ウェイク

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

ダイハツのWAKE(ウェイク)はアウトドアによく出かける人のために作られた車でその使い方がかなり実用的で多くのオーナーから高評価されている軽自動車です。

ウェイクには全部で9種類のグレードがありますが、その中でも特別仕様車に焦点をあててグレードの違いや特徴を解説していきます。

特別仕様車ではなく通常のグレードについては以下の記事で解説していますのでぜひご覧ください。

それでは特別仕様車のグレードについて、早速見ていきましょう。

ダイハツ ウェイクのグレード一覧

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク特別仕様車

グレード名 燃費
(2WD)
価格
Gターボ “レジャーエディション SA Ⅲ” 23.8km/L 約171万円
Gターボ “SA Ⅲ” 23.8km/L 約167万円
L“レジャーエディション SA Ⅲ” 25.4km/L 約159万円
L“SA Ⅲ” 25.4km/L 約155万円
D “SA Ⅲ” 25.4km/L 約141万円
D 25.4km/L 約135万円
特別仕様車 Gターボ“リミテッド SA Ⅲ” 23.8km/L 約171万円
特別仕様車 L“リミテッド SA Ⅲ” 25.4km/L 約161万円
特別仕様車 L“スペシャルリミテッド SA Ⅲ” 25.4km/L 約149万円

ウェイクの特別仕様車には3種類のグレードがあります。

特別仕様車というのは、通常のグレードに特別に装備をつけたというものになります。

ついでにエンジン性能はこんな感じです。Gグレードのみターボ車になります。

  ノーマル ターボ
型式 KF型
最高出力kW(PS)
/r.p.m.
38[52]/6,800 47[64]/6,400
最大トルクN/m(kgf・m)
/r.p.m.
60[6.1]/5,200 92[9.4]/3,200

まずは特別仕様車の3種類について詳しく見てみましょう。

特別仕様車 Gターボ“リミテッド SA Ⅲ”の特徴

加わった特別装備

このGターボ“リミテッド SA Ⅲ”というのは、通常グレードのGターボ “SA Ⅲ”をベースにして装備を追加されたグレードです。

ではどんな装備が追加されたのかを見てみましょう。

追加された装備

  • フロントパーソナルランプ/リヤパーソナルランプ/ ラゲージルームランプ/バックドアランプ
  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック
  • 15インチアルミホイール

追加されたのはこの3つの装備だけです。

ちなみに、パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックというのは次のセットになります。

〈ステアリングスイッチ、フロントカメラ、サイドカメラ、バックカメラ(トップ&フロントビュー/フロントワイドビュー/レフト&ライトサイドビュー/トップ&リヤビュー/レフトサイド&リヤビュー/リヤワイドビュー)、16cmリヤスピーカー、ツィーター、GPSアンテナ、フルセグTVフィルムアンテナ用ハーネス〉

この3つの装備がプラスされただけではあるんですが、価格にすると約4万円上がっただけなので結構お得に購入できることになります。

この3つの装備について見てみましょう。

出典:ダイハツ ウェイク

パノラマモニターをオプションでつけると57,240円かかります。

上記はおそらく10万円以上の価値があるので、Gターボ “SA Ⅲ”を購入する場合には、特別仕様車のGターボ“リミテッド SA Ⅲ”を選んだ方が良いでしょう。

その他の快適装備

このGターボ“リミテッド SA Ⅲ”はウェイクの中でも最上級のグレードになります。そのため装備が充実していることが特徴です。

搭載されているその他の主な装備

  • スマートアシストⅢ
  • 両側パワースライドドア
  • インテリアに革やシルバー加飾付き
  • エクステリアにLEDヘッドライト
  • ターボエンジン搭載
  • プッシュボタンスタート
  • プッシュ式オートエアコン
  • オートライト

続いてLリミテッドについて見ていきましょう。

特別仕様車 L“リミテッド SA Ⅲ”の特徴

続いてLグレードの特別仕様車についてです。上記で紹介したGグレードとの一番の違いはやはりエンジン性能で、LグレードはNAエンジンになります。

まずは外装と内装を見てみましょう。

このグレードはL“SA Ⅲ”をベースにつくられているので前述したGグレードからグレードダウンします。

Gグレードからグレードダウンした装備

  • フロントがメッキではなくブラックになった
  • フルファブリックシートの模様がチェックパターンになった
  • ステアリングやインパネが革ではなくウレタンにダウン。
  • ドアランプが標準ではなくオプションになった。
  • 上下2段調節式デッキボード(固定フック付)がオプションに。 ユーティリティフック/荷室床面フック/固定ベルトがオプションに。
  • 14インチアルミホイールを使用

やはりGグレードからすると結構装備がグレードダウンしているのが分かりますよね。これだけの装備が減ると使い勝手は落ちますが、約10万円くらい価格が割安になります。

加わった特別装備

ただ、特別仕様車なので、L“SA Ⅲ”に追加された装備があります。

追加された装備

  • LEDスタイルパックが標準搭載された
  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックが標準搭載

パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

出典:ダイハツ ウェイク パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

LEDスタイルパックをオプションでつけると59,400円かかり、パノラマモニターをオプションでつけると57,240円かかるので約12万円ほどする装備です。

特別仕様車 L“リミテッド SA Ⅲ”のグレードでは、この2つが新しく標準搭載されるのでL“SA Ⅲ”を買うよりも約6万円くらい安く買えるかと思います。

その他の快適装備

このL“リミテッド SA Ⅲ”はGグレードと比較すると若干装備がグレードダウンしています。

搭載されているその他の主な装備

  • スマートアシストⅢ
  • 両側パワースライドドア
  • インテリアはウレタンを使用
  • エクステリアにLEDヘッドライト
  • NAエンジン搭載
  • プッシュボタンスタート
  • プッシュ式オートエアコン
  • オートライト

Gグレードと比較するとやや質感が落ちた程度で、一番の特徴はLグレードはNA車しかないということです。

ターボ車が良い場合にはGグレード以上を選ぶ必要があります。

続いてLスペシャルリミテッドについて見ていきましょう。

特別仕様車 L“スペシャルリミテッド SA Ⅲ”の特徴

名前が似ていてややこしいですね。このグレードもL“SA Ⅲ”をベースにしてつくられたモデルです。

スペシャルと入っていますが、3つの特別仕様車の中ではグレードは低い方です。

簡単に言うと装備を若干省いてして価格を割安にしたというイメージです。

外装と内装を見てみましょう。

この特別仕様車 L“スペシャルリミテッド SA Ⅲ”は先ほど紹介した、特別仕様車 L“リミテッド SA Ⅲ”とほぼ同じなので違う点だけ紹介します。

加わった特別装備

追加された装備があります。

追加された装備またはグレードダウンした装備

  • パワースライドドア(左側だけにダウン)
  • 14インチフルホイールキャップにダウン
  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックが標準搭載

特別仕様車 L“スペシャルリミテッド SA Ⅲ”のグレードは、2つの装備をダウンさせてパノラマモニターを搭載したと言う感じですね。

ちなみにこのグレードの価格が約149万円なので結構良い装備が中途半端について価格が安くなっているというイメージになります。

本記事のまとめ

ウェイク

出典:ダイハツ ウェイク

いかがでしたでしょうか。今回はダイハツ ウェイクの特別仕様車のグレードについて解説してきました。

特別仕様車のグレードは3種類ありましたね。そのうちGグレードはターボ車でLグレードがNA車で2つありました。

特別仕様車 Gターボ“リミテッド SA Ⅲ”の特徴は通常のGグレードにホイールとランプとモニターを追加して安い価格になっていました。

特別仕様車 L“リミテッド SA Ⅲ”の特徴はLEDスタイルパックとモニターを追加して約6万円のコスパがありました。

特別仕様車 L“スペシャルリミテッド SA Ⅲ”の特徴はパワースライドやホイールを必要最低限にして、モニターをつけたことで価格が割安になりました。

このように特別仕様車は、通常のグレードよりも装備を付け足し割安に、よりお得にした車だという特徴があったかと思います。

今回は、特別仕様車に絞って解説してきましたが、それ以外の通常グレードは以下で解説していますので引き続きご覧ください。

本記事がみなさまの車選びにとって少しでもお役に立てれば幸いです。

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

プリウス

この記事の作者に
いいねしてあげよう!

Copyrights(c)2019 pythons. All rights reserved