中古車のナンバー変更の手順と手続きを分かりやすく解説!

Car-Info

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

希望するナンバーにしたい人は多いと思いますが、実際には中古車には最初からナンバーがついている場合がありますよね。

そこで中古車のナンバーは変更できるのかや、変更しなくていい場合などをわかりやすくまとめましたので解説していきたいと思います。

  • 中古車のナンバーは変更できるの?
  • ナンバー変更が必要ない場合ってどんな時?
  • ナンバーを変更する手順が知りたい

それでは早速みていきましょう。

中古車のナンバーの変更はできる?

中古車ナンバー

まず結論ですが、中古車のナンバーの変更はできます!

まずはナンバープレートの変更が発生するのはどんな時か見ていきましょう。

  • 車を譲渡する場合(所有者の変更)
  • ナンバーのついていない中古車を登録する場合
  • 氏名、住所、使用する本拠を変更した場合
  • ナンバープレートの紛失時

ナンバーの変更が生じるのは上記の4つのパターンになります。

・所有者が変更となる場合、名義変更が必要ですのでナンバーの変更が必要です。

・中古車を購入した際にナンバーがついていない場合には登録しなければ公道を走行することができません

・氏名、住所、本拠の変更があった場合に最寄りの運輸支局などで変更手続きが必要になります。

・ナンバープレートの盗難は破損などがあった場合には番号を変更しなければなりません。

ここで重要なものは自分の住んでいる地域がどの運輸支局の管轄になるのかという点です。

全国運輸支局等のご案内から確認することができますのでご確認ください。

ナンバーを変更や新規取得するためには1,400円〜1,900円程度料金がかかります。

希望するナンバーをつけたい場合

希望ナンバー

中古車のナンバー変更の際に、希望するナンバーに変えたい場合がありますよね。

もしも購入した車がの所有者が自分になっていればナンバーを自由に変更することができます。

しかし、所有者が自分ではなく信販会社や販売店出会った場合にはその所有者に委任状を書いてもらうことでナンバー変更が可能です。

希望するナンバーをつける場合にはおよそ4,000円〜5,500円ほど費用がかかるでしょう。

では続いて、ナンバーの変更が必要ない場合も見ていきましょう。

中古車のナンバー変更が必要ない場合

ナンバー変更の必要がない場合があります。それは以下のような時です。

  • すでにナンバーがついている場合

ただし、上記の場合は中古車を買った際にナンバーが自分の管轄する運輸支局であれば、変更の必要はありません。

続いて、ナンバーを変更する場合の手続き方法についてもみていきましょう。

ナンバー変更手順

ナンバー変更

まず、ナンバー変更に必要な準備をしましょう。以下が必要になります。

①印鑑

②ナンバープレート

③車検証

④申請書

⑤手数料納付書

⑥自動車税・自動車取得税申告書

※④〜⑥は運輸支局でもらえます。 上記を書き終えたら以下の順で手続きを行いましょう。

  • 上記①〜④を持って最寄りの運輸支局へ行く
  • ナンバープレートを返納窓口へ返却
  • 手数料納付書、自動車税・自動車取得税申告書、申請書を記入し提出する
  • 新しい車検証を入手する
  • ナンバープレートをもらって車へ取り付ける

上記のような流れになります。書類の書き方などは運輸支局で参考例などがありますのでそちらをご覧いただき提出してください。

希望するナンバーへ変更したい場合

希望ナンバー

  • ネットで希望するナンバーの申請をする
  • 抽選が行われ結果がメールで送られてくる
  • メール記載の支払い期限までに交付手数料を支払う
  • 落選の場合は、再度ちがう番号で申し込みが可能

※希望ナンバー申請は、希望番号申し込みサービスから申請可能です。

中古車のナンバーまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は中古車のナンバー変更ができるかや申請手続きについて解説してきました。

中古車のナンバーの変更はそれほど難しくはありません。若干手続きに時間がかかりますが、1度やってしまえば覚えるのは簡単です。

できれば、自分の希望するナンバーや覚えやすいナンバーを使いたいですよね。

ご不明な点があれば、最寄りの陸運局へ問い合わせいただければ幸いです。

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

プリウス

この記事の作者に
いいねしてあげよう!

Copyrights(c)2019 pythons. All rights reserved