ホンダ N-ONEの評価や評判を徹底調査!可愛い反面、欠点もあった

N-ONE

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

可愛くておしゃれなデザインの車が最近、増えてきていますよね。エクステリアだけでなくインテリアや燃費、エンジン性能にこだわった軽自動車は人気の高いポイントになります。

そんな中で一際目立つ可愛いデザインに仕上がったのはホンダのN-ONEです。カエルやパンダのようなフロントマスクが若い女性を中心にウケていますよね。

そこで今回はN-ONEって実際のところレビューはいいの?という疑問におこたえすべく、オーナーの口コミをもとに良い点や悪い点を解説していきたいと思います。それでは早速見ていきましょう。

エクステリアは個性的な見た目が高評価

N-ONE

出典:ホンダ

外装の高評価

  • 見た目が小さくてカエルみたいで可愛い
  • ホンダの昔の軽自動車であるN360をモチーフにしたというだけあり、どこかレトロなデザインです。一目で見てN-ONEと分かるデザインです。
  • ポジションライトにイカリングが採用されていますので、夕暮れ時に丸目ライトが際立って見えて可愛いと思います
  • ポジションランプが輪っか上に浮き上がるのがイイですね!たまりません

見た目の可愛らしさに高評価が集まっているようです。

口コミにもあるように、ホンダのN360は1967年に販売をしていたモデルですがそれをモチーフにして作られたデザインが現代でも女性を中心に受け入れられていますね。

ちなみにNという文字は「Norimono」からきた略語みたいです。

インテリアは軽自動車なのにというギャップ!

N-ONEインテリア

出典:ホンダ(Selectグレード室内)

インテリアに関して多かった口コミは、軽自動車の割にクオリティーが高いとか、安っぽくなく広いという意見です。

内装も軽自動車なのにいい!

  • シート生地やドアの生地など内装インテリアも軽四らしくないクオリティだと感じました。
  • 決して高い素材を使っているわけじゃないですが配色や形状で工夫されて安っぽく見えません
  • 軽自動車に高級感を求めるのは無理ですけど、それでもひと昔前の軽自動車よりは高級感があります。
  • 比較的大柄な私でも窮屈に感じず、後席もまた十分な広さがある。

シートについては、プライムスムース&ファブリックコンビシートを採用しているので通常のグレードでも見た目は普通以上ですよね。

グレードアップしSelect以上になればより高級感あるデザインになります。

N-ONEインテリア

出典:ホンダ(通常グレード室内)

N-ONE寸法

出典:ホンダ (寸法)

  N-ONE
全長 3,395
全幅 1,475
全高(FF) 1,610
ホイールベース 2,520
車両重量(FF) 830〜850kg
室内長 2,020
室内幅 1,300
室内高 1,240
最低地上高 150
サイズの単位:mm

コンパクトな割に車内が広く収納スペースが確保されているというのが特徴のボディスタイルですね。

乗り心地はやや不満の声が多数!

乗り心地については、やや不満と答える人が多くいます。

  • タイヤが古くなるとロードノイズがひどくなる
  • 走行中に結構跳ねる感じもある
  • カーブでは車体が倒れそうなくらいロール(傾き)ます。カーブではかなり怖いです。
  • 段差越え時に突き上げははっきり分かるのでけして良いとは言えない
  • 少しサスペンションが硬めのせいか、地面の凹凸がダイレクトに伝わる感じがします。

乗り心地については、大多数の方が硬めと言っていますが、必ずしもそれがマイナス評価にはなっていません。シートが硬めだから自分に合っている(疲れにくい)と答える人もいます。

静粛性は低めで室内が若干うるさいのが気になる

室内に入る音に関しては、評価は高くないようですね。以下のような意見が多くあります。

  • 静粛性は60km/hを境にうるさくなる
  • 坂をあがるとき音が結構入ってくる
  • エンジン音はダメですね。うるさいです。

一方で、静粛性を求めると値段が上がってしまうので妥当という見方もあるので、購入前には試乗して高速道路の走行や凸凹のある道などを実際に走ってみることをおすすめします。

あくまで静粛性が低いわけではないので、乗る人によって気になるか気にならないかの差になると思います。

エンジン性能は良好で特にターボ車は高評価!

N-ONEインテリア

出典:ホンダ(DOHC ターボエンジン)

エンジン性能はNA車(自然吸気)でも良好のようです。

  • ホンダのエンジン自体が坂道でもよく回るため力不足は感じない。
  • 低速トルクがあるので町乗りではストレスフリーです
  • ノーマルエンジンでもキビキビ動くので一般道から高速道路まで不満なく走れる

しかし一方で、NAだと非力感があって発進時が物足りない、とか100キロ巡航時に回転数が3000になるので静かとは言えないという意見も少数あります。

ターボ車のエンジン性能は高評価

NA車の評価に対して、ターボ車のエンジン性能はより高評価されています。

  • 高速道路では、これもストレス無く合流追い越しができます。急な登坂でもNAモデルとは雲泥の差です。
  • ECON ONでもアクセルを少し踏むだけでスッと加速してくれます
  • ECON OFFでSポジションでパドルシフトを使用して山道を走るのがとても楽しい!
  • 山道を走ってみましたが、強く踏み込まなくてもスイスイ加速していきます。ちょっと強く踏み込めばコンパクトカーより速く走れます

実燃費は平均17km前後で悪くない!

N-ONE燃費

N-ONEのカタログ燃費については、JC08モードの測定で28.4km/Lなんですが、実燃費になると17km/L前後になります。高速での走行では燃費が向上し20km/L以上となるようです。

オーナーのコメントは以下のような感じです。

実燃費は概ね満足!

  • カタログ燃費8割くらいまでなら全然気になりません。燃費に偏りすぎた変な車よりこっちがいいです。
  • エアコン常にONでECONで15km/Lくらいですね、エアコン無しだと燃費計で20いきましたからこれからに期待です
  • 現在までの平均燃費:16km/L、最高:22.5km/L
  • エコスイッチオンで一般道長距離を静かに普通に運転した場合21~22km/L。エコスイッチオンで都市部市街地走行16~17km/L

N-ONEは燃費が悪いと言われることもあるようですが、実際のところカタログ燃費と比較すると4割ほどの開きがあるのでそういう印象があるんでしょうね。

でも実際には平均17km/Lほどが平均の実燃費と見込まれるので十分かと思います。

N-ONEの実燃費については以下の記事で詳しく解説しています。

給油回数が減った

N-ONEは燃費が抜群にいいわけではないのですが、他の軽自動車よりずば抜けて良い点があります。

他車との違い

  • 燃料タンクが35Lあるのは非常に満足。スタンド行く回数が増えるであろう最近の27Lタンクとか、選択肢には入らない。

上記の口コミであるようにN-ONEの特徴のひとつに、燃料タンクが大きいということが挙げられます。ライバル車である、スズキのラパンは燃料タンクが27Lまでしか入らないのでプラス8Lのタンク容量は大きいですよね。

本記事のまとめ

いかがでしたでしょうか。今回はN-ONEの評価や評判について口コミをベースに解説してきました。

良い点として多かったのは外観の見た目のデザインやインテリア、さらにはターボ車のエンジン性能です。

逆に不満が残った点としては音がうるさい(静粛性がやや低い)だったりシートが硬くロードノイズがあるといった点でしたね。

この辺りは気になる人と気にならない人、二手に分かれますし自宅近辺の道路環境にもよるところが大きいので、購入前には一度試乗してみるのが良いかもしれません。

本記事がクルマ選びにとって少しでもお役に立てれば幸いです。

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

プリウス

この記事の作者に
いいねしてあげよう!

Copyrights(c)2019 pythons. All rights reserved