ムーヴキャンバスのグレードの違いが簡単にわかる!多すぎる種類を解説!

ムーヴキャンバス

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

ダイハツのムーヴキャンバスは見た目がとってもおしゃれな軽自動車ですよね。

でもいざ、特徴を探してみると種類やグレードが多くてよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

グレード数は11種類と多くなっていますが、実はそんなに違いはありません。というよりここの違いを見ておけば違いが分かりやすいというポイントがありますので紹介していきたいと思います。それでは早速見ていきましょう。

ダイハツ ムーヴキャンバスのグレード一覧

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ ムーヴキャンバス

グレード名 燃費(2WD) 価格
G “メイクアップ リミテッド SA Ⅲ” 28.6km/L 約155万円
X “メイクアップ リミテッド SA Ⅲ” 28.6km/L 約147万円
G “ブラックインテリア リミテッド SA Ⅲ” 28.6km/L 約155万円
X “ブラックインテリア リミテッド SA Ⅲ” 28.6km/L 約147万円
G “ホワイトアクセント リミテッド SA Ⅲ” 28.6km/L 約155万円
X “ホワイトアクセント リミテッド SA Ⅲ” 28.6km/L 約147万円
G “ブラックアクセント リミテッド SA Ⅲ” 28.6km/L 約155万円
X “ブラックアクセント リミテッド SA Ⅲ” 28.6km/L 約147万円
G “SA Ⅲ” 28.6km/L 約149万円
X “SA Ⅲ” 28.6km/L 約140万円
L “SA Ⅲ” 28.6km/L 約125万円

似たようなグレードが多いですよね。正直どう違うのかが分かりにくいです。

でもグレードの違いを見つけるのは簡単です。ざっくりとですが以下のように覚えると分かりやすいかと思います。

グレードの主な違い

  • SA ⅢというのはスマートアシストⅢ機能付きということです。
  • リミテッドとは特別仕様車(企画車みたいな感じ)の車です。
  • 基本的にグレードは3種類でGとXとLがあり装備内容が違います。
  • メイクアップ車をベースにして外装に差し色をいれたのがホワイトアクセント車です。
  • ブラックインテリア車をベースにして外装に差し色をいれたのがブラックアクセント車です。

ざっくりな説明ですが上記のような感じです。

リミテッド(特別仕様車)自体が既存の車を若干、派手にしたようなイメージなので、グレードが多いように見えますが、実は大まかにいうとGグレード、Xグレード、Lグレードの3種類であとはエクステリアとインテリアのカラーを選ぶだけ。とイメージすると分かりやすいと思います。

以下でも具体的に見ていきましょう。

メイクアップ リミテッドはちょっと着飾った感じ

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ G “メイクアップ リミテッド SA Ⅲ”

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ G “メイクアップ リミテッド SA Ⅲ”

メイクアップリミテッドのエクステリアとインテリアはこんな感じです。

最下層のグレードと比べるとツートーンカラーが用意されていたり、フロント、リヤ、サイド、ドアハンドルにメッキが施されていますよね。

さらにはヘッドライトがハロゲンではなくLEDなのでGoodです。

続いて、外装だけが違いのある、ホワイトアクセントリミテッドを紹介します。正直そんなに変わりません。

ホワイトアクセントリミテッドは白の差し色を加えた

こちらはメイクアップ リミテッドの外装に少しホワイトカラーをアクセントとして取り入れた感じです。

インテリアには違いはないので外装が若干変わるぐらいです。

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ G “ホワイトアクセント リミテッド SA Ⅲ”

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ G “ホワイトアクセント リミテッド SA Ⅲ”

ボディの一部にホワイト色をアクセントとして組み込んでいるのが分かりますでしょうか。

ホワイトカラーを取り入れている箇所

  • フロントとリヤのバンパー
  • サイドモール
  • ドアのハンドル
  • フロントグリル
  • ドアミラー
  • ホイールキャップ

こんな感じですね。メイクアップのグレードもホワイトアクセントのグレードも値段とカタログ燃費は同じなのでエクステリアでどっちが好みかという判断で良いでしょう。

ブラックインテリア リミテッドは内装をブラックに。

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ G “ブラックインテリア リミテッド SA Ⅲ”

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ G “ブラックインテリア リミテッド SA Ⅲ”

このグレードは、インテリアをほぼ全てブラックカラーにしているのが特徴です。

以下の装備を全てブラックカラーに。

  • インパネトレイ(助手席)〈ブラック〉
  • ワンプッシュ式オートオープンカップホルダー(助手席)〈ブラック〉
  • ドアアームレレスト〈プレミアムシャインブラック〉
  • ドアトリムオーナメント〈ブラック〉
  • メッキエアコンレジスターノブ〈オーディオパネル/インパネ左右〉
  • センタークラスター〈プレミアムシャインブラック〉
  • メッキシフトゲートリング
  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

続いてブラックアクセントリミテッドのグレードですが、ブラックインテリア リミテッドのエクステリアにブラックカラーの差し色を取り入れた程度の違いです。インテリア自体は一緒です。

ブラックアクセントリミテッドは差し色をブラックに。

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ G “ブラックアクセント リミテッド SA Ⅲ”

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ G “ブラックアクセント リミテッド SA Ⅲ”

こんな感じで、ボディのいたるところでブラックカラーが使われているのが分かりますでしょうか。

このグレードは、名前にもある通りボディにブラック色をアクセントとして組み込んでいます。

ブラックカラーが使われている箇所

  • フロントとリヤのバンパー
  • サイドモール
  • ドアのハンドル
  • フロントグリル
  • ドアミラー
  • ホイールキャップ

ブラックインテリア リミテッドもブラックアクセントリミテッドもどちらも価格やカタログ燃費が同じなので、外装の好みの判断になりそうですね。

G・X・Lの3種類のグレードの違い

上記ではリミテッド(特別仕様車)について見てきましたが、外装の違いだけでしたよね。

ちなみにですが、最下層のLグレードでは上記のリミテッド仕様車がないので、上記のようなインテリアやエクステリアにしたい場合にはXグレード以上を選ぶ必要があります。

大事なのはここからでG・X・Lの3種類のグレードはそれぞれ装備品などが大きく違うことが特徴です。

まずはエクステリアの違いから見ていきましょう。

G “SA Ⅲ”グレードは最上級グレード

Gグレードは最上級のグレードなので非常に良い装備がついています。

Gグレードのエクステリア

Gグレードのエクステリアは以下のような感じです。

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ G “SA Ⅲ”

Gグレードの特徴的な装備

  • スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)で紫外線を十分にカットできる
  • Bi-Angle LEDヘッドランプ
  • 14インチフルホイールキャップか14インチ2トーンカラード

Gグレードのインテリアと装備

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ G “SA Ⅲ”

Gグレードの特徴的な主な装備

  • 後席に置きラクボックス(収納ボックス)がある
  • 運転席シートリフター付き(運転席の高さ調整機能)
  • ステアリング革巻き可能(ブラックインテリアのみ)
  • タコメーター付き(エンジン回転数を表示するための指針)
  • プッシュボタンスタート
  • キーフリーシステム
  • パワースライドドア
  • オート(プッシュ式)エアコン
  • オートライト
  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

やはりGグレードだけあって快適な装備がつまっている印象があります。

続いて1つグレードダウンしますが、Xグレードについても見ていきましょう。

X “SA Ⅲ”

Xグレードのエクステリアは以下のような感じです。

Xグレードのエクステリア

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ X “SA Ⅲ”

Xグレードの特徴的な装備

  • UVカットガラス(フロントドア)
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ
  • 14インチフルホイールキャップか14インチ2トーンカラード

Xグレードのインテリアと装備

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ X “SA Ⅲ”

インテリアについては前述した、Gグレードとほぼ同じなのでXグレードについていないGグレードの装備をあげてみます。

Xグレードにはついていない装備

  • ※Gグレードとほぼ同じ装備がついています。
  • タコメーターはついていない
  • 置きラクボックス(後席)は特別仕様車以外はついていない
  • スーパークリーンエアフィルターがついていない
  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックは特別仕様車を除きオプション取り付け

おおまかにはこんな感じでGグレードと比べると若干ついていない装備がでてきます。ただ、Xグレードの中でも特別仕様車を選べばほぼグレードがアップした感じの装備がついてくるのでXグレードを選ぶなら特別仕様車を検討すると良いでしょう。

L “SA Ⅲ”グレードは最低限装備

Lグレードはムーヴキャンバスのグレードの中で最下層のグレードです。

Lグレードのエクステリア

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ L “SA Ⅲ”

Lグレードの特徴

  • ドアミラーがオート格納式(キーフリー連動)ではない
  • スーパーUVではなく、通常のUVカットガラス(フロントドア)
  • ヘッドランプは、LEDではなくハロゲン
  • LEDフォグランプ(メッキリング付)はついていない
  • 14インチフルホイールキャップになる

ついていない装備が増えましたね。外装は若干、質素な感じになりそうです。

Lグレードのインテリアと装備

続いてインテリアについても見てみましょう。

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ L “SA Ⅲ”

Lグレードについていない装備

  • 特別仕様車の設定がない
  • 置きラクボックス(後席)
  • 運転席シートリフター
  • チルトステアリング
  • プッシュボタンスタート
  • キーフリーシステム
  • パワースライドドア
  • マニュアル(ダイヤル式)のエアコン
  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

上記はLグレードにはついていません。いかがでしょう。

これらの装備がついていないとなるとかなり運転がしづらく快適さが失われてしまうかもしれません。

本記事のまとめ

ムーヴキャンバス

出典:ダイハツ ムーヴキャンバス

いかがでしたでしょうか。今回はダイハツ、ムーヴキャンバスのグレードの違いについて簡単に解説してきました。

再度まとめていくと、グレードは主に3種類あり、GとXとLのグレードで装備に違いがありました。

そしてさらに特別仕様車は大きく分けると2タイプのグレードとなり、メイクアップをベースにしたのがホワイトアクセントでブラックインテリアをベースにしたのがブラックアクセントという展開です。

ムーヴキャンバスのグレードは多いように見えますが微妙な違いがあるだけなので少しおおまかに見ていくとその違いが分かりやすいかと思います。

本記事がみなさまのクルマ選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

プリウス

この記事の作者に
いいねしてあげよう!

Copyrights(c)2019 pythons. All rights reserved