中古車で走行距離が少ない車はは危険!結局何万キロがいいの?

Car-Info

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

中古車を買うときに迷うのは、走行距離の多い車と少ない車のどちらをとるべきか?ですよね。悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

中古車選びにとって、走行距離が少ないことは新車に近いという考えから、良い車だと考える人も多いと思います。でもそれは間違いなのかもしれません。

いくら走行距離が少なくとも、定期的なメンテナンスがされていない車は、故障の原因となり、安い車を買うことができても、メンテナンス費用や修理費用などで後になって費用がかさんでしまいます。これではせっかく安く買えた車でも、結局新車を買った方が良かった、という声も後をたちません。

そこで、中古車を買う際び、走行距離について、どれくらいがベストなのかについお教えします。

走行距離がどれぐらいの車を買うのが
ベストなの?

中古車を選ぶ際に、気にしておくべきなのは、走行距離ですが、多くの人が誤解していることがあります。それは車が10万キロが寿命で10年で乗り換えが必要だということです。

しかしこれは大きな間違いです。 昔ながらの言い伝えで、車は10万キロ走ると買い替えどきと言われていましたが、最近の車は性能が上がってきているため、走行距離が10万キロ以上の車でも十分に走ることができます。

走行距離が10万キロを超えているクルマをお得に購入し、数年乗り続ける人が増加しています。タクシーでも40万km以上走る時代と言われているため、移動や通勤のための車と考えるならば走行距離の長い車を安く買うということが賢い選択だと思います。

さて、話を戻しましょう。 走行距離の目安としては、1年で1万km走っていることを目安にした場合、実際にどれくらいの車を買うべきなのでしょうか。

状態にもよりますが、とにかく安く買いたいならば、10万キロの車を買うことが良い選択かと思います。

というのは、走行距離が10万キロを超えた車は狙い目の中古車である場合が多いからです。 中古車の値段は、10万キロを境目にして大幅に値下がりする傾向があります。

それは前述したように、車が10万キロになったら寿命だと考える人が多いため、需要のバランスが崩れ、買う人が減るため、販売店も価格を下げざるを得ないからです。

しかし、現代のクルマは性能が抜群にあがってきていることから、10万キロでも数十年寿命が持つことがわかっているため、走行距離が10万キロを超えた中古車が最も狙い目の車であると思います。

実際に、中古車検索サイトのgoo-net(グーネット)でトヨタのプリウスを検索したところ以下の車体を見つけることができました。

 

  • 支払総額56.5万円
  • 10年落ち
  • 修復歴なし
  • 13.0万キロ走行
  • 1800cc

プリウス販売当時の新車の購入価格が値引き込みで230万円〜250万円であったことを考えると10万キロを超えた車が格段に安く入手できることが分かります。

中古車選びの特徴として、年式の古い車や走行距離の長い車ほど安く購入できるポイントになります。

ただし、気をつけたいのは、いくら価格が安くとも、いくら走行距離が少なくとも、メンテナンスがされていた車なのかどうかが鍵を握ります。

お得な値段で販売している中古車は、メンテナンスがされていなかったり、事故車や修復車であったり、もともとレンタカーとして使われていたなどの背景があるので、購入時にはしっかり見定める必要があります。

ディーラーや中古車販売店に行った際には、担当者に確認するのが良いでしょう。

走行距離が極端に少ない車は要注意!

中古車を探していると、稀に走行距離が少ないのに安く販売されているクルマを見かけることがあります。

しかし、これには理由があるため安易に飛びつかないようにしましょう。 走行距離が少ない理由には以下のようなものが考えられます。

  • 試乗車として利用されていた
  • 前のオーナーがあまり使用していなかった
  • 偽装(メーターの巻き戻し)
  • 事故にあって板金工場で保管されていた

試乗車として利用されていた

中古車販売では、ディーラーで試乗車として使われていたクルマが中古車市場で販売されているケースがよくあります。

そのため、試乗する際の走行距離が少なく外装があまり汚れていないという特徴があります。ただし、試乗車であったため試乗した方が多数おり、エンジンのテストや外装、内装のチェックなどを行なっているため負荷がかかっている場合もありますので注意する必要があります。

一方で、ディーラーによるメンテナンスは行き届いているため走行距離が少なく比較的状態の良い狙い目の車だと思います。

前のオーナーがあまり使用していなかった

この手の車も非常に狙い目の車です。

走行距離が少なく状態が良いと見て取れる場合には、前のオーナーが都心部に住んでおりあまり使う機会がなかったことや、子供の送り迎え、お買い物程度に使っていた場合が考えられます。

車のボディタイプを見ながら前のオーナーがどのような使い方をしていたのかを想像してみましょう。掘り出し物の車に巡り会える可能性があります。

また、ディーラーや中古屋さんに聞いてみるもの良いでしょう。通常、車の買い替えなどで来店し車を売ると同時に新しい車を買うことが多いため担当者は前オーナーがどのような人であったのかを把握しているケースがほとんどです。

走行距離メーターが偽装されている

大手自動車会社による燃費の不正問題もあるように、ネットの個人売買などでも走行距離を改ざんし偽装している車があります。

走行距離改ざんのことを、メーター戻しと言われており、本来の走行距離よりも少なく見せようとするために偽装する悪質な犯罪行為があります。

これは特に年式の古い車でアナログメーターに多い事例でしたが、最近はデジタルメーターが主流となっているため、以前よりは少なくなってきました。

車の外観、内装と、走行距離のメーターを見ながら、なにかおかしい、という疑問や違和感を持つことが大切です。自分自身で見極められる目を持つことが大切になっています。

事故にあって板金工場で保管されていた

現在の自動車事故の確率をご存知でしょうか。

警視庁が公表する免許保有者の約8,100万人から1年間の自動車事故発生件数の約65万件を計算すると、0.8%が1年間で事故に合う確率となります。

最近では、高齢者による事故が多発しており、自分は気をつけていても相手が事故を起こし巻き込まれる場合があります。

新車などで購入した車が、残念なことに事故に遭遇した場合もよく聞きます。こうした車の場合、修復して乗ろうという方は少ないです。

ではこの事故にあった車はどこに持っていかれるのか?それは板金工場です。

事故にあったとはいえ、一部が破損しているだけでそれ以外は新車同様の価値があります。それを修復させた車が、中古車市場に流れ込んできます。そのため走行距離が少なく見た目がきれいな車が存在します。

また、最近はプロの目で見ても事故後の修復がされているのか分かりにくいほどに綺麗に修正されるため、事故車かどうかを必ず確認することをおすすめします。

走行距離のまとめ

いかがでしたでしょうか。中古車のベストな走行距離がどれぐらいが良いのかや走行距離の少ない車が危険な理由について解説してきました。

走行距離が少なく、価格の安い車だからお買い得、という判断に、少しだけストップをして疑いの目を持ち確認する、ということが重要になります。

購入した後に後悔しないよう、ディーラーや中古車屋さんに確認するのは必須ですがみなさん自身の目で見て、触って判断できるようになることが最高の中古車選びにつながるのかもしれません。

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

プリウス

この記事の作者に
いいねしてあげよう!

Copyrights(c)2019 pythons. All rights reserved