三菱 eKクロスの乗り心地に満足評価が多かった!オーナーの口コミ評価

eKクロス

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

2019年3月に発売を開始した三菱のeKクロスですが、同ジャンルで競合のスズキのハスラー、ダイハツのムーヴなど手強い競合の中でどのような評価を獲得しているのか気になるところですよね。

軽自動車でSUVテイストが魅力的なeKクロスですがその乗り心地はいかなるものなのでしょうか。

というわけで、本記事ではeKクロスの乗り心地についてオーナーの口コミも交えながらポイントを解説していきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう。

室内が広く乗り心地が快適

eKクロス

eKクロス前席

eKクロスはクルマを根本から見直しがされたこともあって、室内のハンドルからシートから、ペダルの形状まで先代モデルよりも幅広く改良が進められてきました。

特に変わったポイントとしては、ホイールベースの長さです。

ホイールベースとは前輪と後輪の間の距離のことをいいますが、先代モデルと比較して65mm延長されたことにより室内空間にゆとりができました。

eKクロス

数値でサイズ感を確認してみましょう。

  • eKクロス
  • eKクロス
  eKクロス(FF)
全長 3,395
全幅 1,475
全高(FF) 1,640
ホイールベース 2,495
車両重量(FF) 840〜860kg
乗車店員 4名
室内長 2,065
室内幅 1,340
室内高 1,270
最低地上高 155
サイズの単位:mm

ライバル車であるスズキのハスラーでもホイールベースが2,425mmなので比較すると70mmほど広くとられています。

eKクロスの広い室内

eKクロス

eKクロス室内

シックな感じでブルーとブラックのカラーが大人な空間を演出しています。写真で見るよりも実物で確認すると結構広いと思わせてくれるほどの広い室内空間があります。

オーナーのコメントも確認してみましょう。

オーナーのコメント

  • 軽にしては広めなのでシートぎりぎりいっぱい後ろにすれば身長180cmの私でも窮屈な感じはしません。
  • 後部座席は前に比べると65mmだったか広がっているようで女性が足を組めます。

オーナーのコメントではどちらかというと後席が広くなったというコメントが多く見られました。やはりホイールベースが長くなった分、広さの確保ができている証拠ですね。

eKクロス

eKクロス後席

上記の写真は後席を一番前に設定した状態になりますが、この状態で膝前のスペースは拳がおよそ3個分入るほどの十分なスペースが確保されています。

eKクロス

出典:クルマでいこう! eKクロス後席

クルマでいこう!の取材の際には五郎さんもこのポーズです。後席シートを後ろに下げると足を組んでも広いスペースが確保されていることがわかりますね。

室内空間の動画は以下からご覧いただけます。

出典:クルマでいこう! eKクロス

シートの乗り心地はどうなの?

eKクロス

続いてeKクロスのシートの乗り心地(座り心地)についてもオーナーの口コミで確認してみたいと思います。

オーナーのコメント

  • リヤシートの座面長ですが、確かに大人が座ると「ちょっと短いかな…」とは思います
  • 広めなのでシートぎりぎりいっぱい後ろにすれば身長180cmの私でも窮屈な感じはしません
  • シートのせいなのか長時間乗車していると疲れそうな印象を受けました。
  • シートの質感と肌触りだけは3代目モデルに比べ劣る気がしました・・・。

コメントで多かったのはリヤシートが若干気になるといった内容ですね。シートにはソファなどと同じファブリックを採用していて、オプションで合成皮革の装着もできます。

運転席には高さを調整できるハイトアジャスターやセンターアームレスト(肘置き)なども全グレードに標準で装備されています。

eKクロス

eKクロス

eKクロス

座り心地については好みがありますので試乗などで確認してみることをおすすめします。

プレミアムインテリアで質感アップ

eKクロス

シートの質感を変えたければぜひプレミアムインテリアにすることをおすすめします。

オプションで5.5万円ほどで以下のうように室内カラーやシートタイプを変更することができます。

eKクロス

eKクロス

eKクロス

シートはファブリックに合成皮革の構造になり内装カラーもブラック&タンになるなど通常のタイプとは雰囲気がガラッと変わります。5.5万円でこの質感であればつけてもよいオプションですね。

充実した装備が乗り心地をUPさせる

eKクロス

eKクロスには、乗り心地を快適にするための装備がいくつも用意されています。以下で確認してみましょう。

eKクロス

IR・UVカットガラス

まずは女性や小さなお子さんにも嬉しいIRカット・99%UVカット機能です。日光による紫外線からお肌を守る装備がついています。また、IRカットも備わっているので暑さ対策やジリジリ感などの赤外線対策も施してあります。

eKクロス

オリジナル9型ナビゲーション

オリジナル9型ナビゲーションはバックなどで駐車する際には便利な機能です。シフトレバーをRに入れた際に作動する仕組みで上空からの映像も表示されるのでドライバー席から死角となる部分を映し出すので視認性がアップする機能です。

eKクロス

デジタルルームミラー

その視認性の点で特徴的な装備は、軽自動車で初となったデジタルルームミラーになります。

夜間や雨天時でも後方の確認がしやすくミラー下のレバーで表示の切り替えが可能でクリアな視界を確保できます。

eKクロス

シートヒーター

冬には快適な装備であるシートヒーターが備え付けられています。エアコンよりもすぐに温まることができるので寒さ対策には重宝されている機能です。

収納が多く荷室も広い

収納スペースが多いと何かと便利で乗り心地もアップしますが、eKクロスの収納については十分確保してあり、ラゲッジルームも広いから荷物を置くための十分なスペースがあります。

まずは収納部分を見てみましょう。

eKクロス

eKクロス

助手席の下のシートアンダートレイは靴などの比較的大きな物も置けるのでとても便利ですよね。

これ以外にも助手席内側には車検証が入るほどの収納や最大3kgの荷物をかけれるコンビニエントフック、助手席リヤ側にはシートバックポケットも備わっています。

オーナーのコメント

  • とにかく収納箇所が多くて便利です。標準のままでも軽にしては質感はいい方だと思います。
  • センターに有るトレイの上には紙パックも入る、カップホルダーもあります!

上記のようにオーナーからのコメントを見ても収納スペースは問題なさそうですね。

荷室も広く乗り心地は高い評価

eKクロス

eKクロスのラゲッジルームは結構広い空間があり、荷室の容量はおよそ109Lほどあります。

リヤシートを一番後ろに下げた状態であっても、18Lの灯油タンクを2つほど積載でき2Lのペットボトルなら6本ケースが2箱詰めるほどの容量が確保されています。

eKクロス

開口部の地上高は655mmあるので、ショッピングカートからの積み込みもしやすい高さになっています。さらに荷室内にはアンダーボックスも備わっているので床下収納が可能です。

アンダーボックスは54Lほどの容量が収納可能です。

eKクロス

後席の中央にあるレバーを引くことで後席をワンタッチでスライドすることができ、前方へ倒すことができます。また、後席シートが左右で分割して倒すことができるため3人で乗車しても長めの荷物を載せることができますね。

ただし、シートを倒してもフラットにはならないため車中泊をされる方は若干の不便さを感じるかもしれません。

eKクロス

出典:クルマでいこう! 開口部

荷室の開口部についてサイズ感を確認してみましょう。

  テールゲート開口部寸法(FF)
945〜985mm
高さ 865mm
開口部地上高 655mm
テールゲート開時高さ 1790mm
テールゲート最大突出長 650mm

一般的なA型のベビーカーであれば積載ができるようです。

燃費の良し悪しが乗り心地につながる

eKクロス

燃費の良し悪しが乗り心地を左右すると言っても過言ではないでしょう。燃費計やエコドライブを常に確認しながらの走行やガソリンスタンドへ何度も給油に向かうとなるとストレスも増えてしまいます。

そこでeKクロスのカタログ燃費と実燃費を調べてみました。まずはカタログ燃費を見てみましょう。

eKクロス

カタログ燃費

グレード名 燃費(2WD) 価格
T 22.8km/L 約166万円
G 29.4km/L 約158万円
M 29.8km/L 約144万円

カタログ燃費はターボエンジンを積んだTグレードは22.8km/Lですが NAエンジン搭載のGとMグレードでは29.8km/Lとなります。

自慢のハイブリッドシステムでどの程度の低燃費を達成しているのか気になるところですよね。

口コミサイトで実燃費を調査したところ以下の結果となっているようです。

eKクロスの実燃費は15.9km/Lで悪い方

eKクロス

出典:みんカラ 実燃費

2019年3月に発売開始されたeKクロスですが所有しているオーナーの燃費報告では平均値で15.9km/Lとなっていますが14〜18km/Lあたりが燃費の実力かと思います。

eKクロスの実燃費は以下で詳しく解説していますので引き続きご覧ください。

マイパイロットで変わる乗り心地

eKクロス

MI-PILOT(マイパイロット)

MI-PILOT(マイパイロット)に搭載されているのは、高速道路で前走車を追従するアダプティブクルーズコントロール[ACC]と白線を読み取り車線中央を維持する車線維持支援機能[LKA]です。

このMI-PILOT(マイパイロット)はGグレードとTグレードにメーカーオプションでのみ装着できる安心・安全・快適な装備になりますが、できればぜひつけたほうが良いオプションでもあります。

オーナーのコメント

  • オプションのマイパイロットは絶対に装着することをお勧めします。ACC(アダプティブクルーズコントロール)よりもLKA(レーンキープアシスト)の方が「装着してよかった。」と実感しています。
  • マイパイロットもつければ良かったかと少し後悔しました

オーナーのコメントでもありますがこのMI-PILOT(マイパイロット)は必ずと言って良いほどつけたほうが良い装備かもしれませんね。

前述したLKAは車線逸脱防止支援機能ですが、先代モデルとは違い白線から逸脱しそうになったら警告音を鳴らすだけではなくハンドルを戻してくれるという自動アシストがついています。

eKクロス

本記事のまとめ

ekクロス

いかがでしたでしょうか。今回は三菱eKクロスの乗り心地についてご紹介してきました。

先代モデルと比較して大きく変わったのはホイールベースの長さやMI-PILOTの充実装備でしたね。

ホイールベースを広げることによって室内の広さも広くなったというオーナーの声も多くありました。

シートの座り心地にはやや不満をかかえるオーナーもいましたがオプションで質感やカラーも変更できるのでシートについては一度試乗などでご確認頂ければと思います。

またeKクロスは、ハイブリッドシステムを搭載しているため走りだしはスムーズで加速感も感じられますが燃費に関しては20km/Lに届かない場合が多いため低燃費とは言えない部分がネックです。

実燃費については以下の記事でも解説していますので引き続きご覧ください。

最後にご紹介したマイパイロットについては、Mグレードには搭載できず、上位のTとGの2つのグレードにオプションでつける形になりますので注意が必要ですね。

本記事がみなさまの車選びにとって少しでもお役に立てれば幸いです。

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

  • タグ:
プリウス

この記事の作者に
いいねしてあげよう!

Copyrights(c)2019 pythons. All rights reserved