三菱 新型eKワゴンの実燃費は20km/L超え!高速での燃費はもっと伸びる!

eKワゴン

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

三菱の新型eKワゴン(eK-WAGON)は日産と共同開発した新型の軽自動車で2019年に4代目にフルモデルチェンジを果たしました。

2016年に発覚した燃費不正問題を乗り越えてどのように燃費が改善したのでしょうか。

今回はeKワゴンの実燃費について試乗テストから結果を調査してみることにしました。

本記事では三菱の新型eKワゴンの実燃費についてオーナーの口コミなどをもとにして燃費を調査しました。さらには低燃費の仕組みについても解説していますのでぜひご覧ください。

それでは早速、eKワゴンの燃費を見ていきましょう。

eKワゴンのカタログ燃費は?

ekワゴン

出典:三菱 eKワゴン

以下がeKワゴンのグレード別の燃費表になります。カタログ燃費ではJC08モードの測定で29.4km/Lを達成しているようです。

また、価格は132万円と140万円でグレードが2つしかないのでかなり選びやすい点が特徴になります。

グレード名 燃費(2WD) 価格
G 29.4km/L 約140万円
M 29.4km/L 約132万円

ekワゴン

出典:三菱 eKワゴン

ハイブリッドではなくガソリン車なのでリッター30弱のカタログ燃費だと実燃費もかなり期待できますよね。ではその実燃費についても口コミから見ていくことにしましょう。

eKワゴンの実燃費は17.70km/L

ekワゴン

出典:みんカラ eKワゴン

eKワゴンの実燃費は17.70km/Lという報告が上がっているようです。

これはeKワゴンのオーナーによる年間の平均値になりますが、3代目のモデルの燃費になります。4代目は新型がでたばかりなのでオーナーからの燃費が出次第、更新していきたいと思います。

さて、この17.71km/Lというのはあくまで平均値になりますが、16km/L、22km/Lという報告が多いのでおそらくこの辺りがeKワゴンの実燃費になるかと思います。

軽自動車の実燃費の目安である15km/Lを超えているので燃費は良い方ですが、良い時と悪い時のばらつきがありそうな車ですね。

そのため、月ごとに燃費の変化がないかもあわせて見てみましょう。

eKワゴンの月別の燃費はどう?

eKワゴン

出典:みんカラ eKワゴン 燃費変動

eKワゴンの燃費変動を月別で見ていくと上記のようになっています。

季節によって燃費の変動が見られるようですね。そこで実際に数値にしてみました。

  eKワゴンの実燃費
1月 16.0km/L
2月 15.7km/L
3月 15.7km/L
4月 16.9km/L
5月 19.3km/L
6月 18.8km/L
7月 17.5km/L
8月 17.1km/L
9月 17.2km/L
10月 18.5km/L
11月 17.1km/L
12月 16.8km/L

燃費が悪い月は2月、3月の15.7km/Lですが、一番良い月では5月の19.3km/Lまで伸びるようですね。

燃費差はおよそ、3.6km/Lもあり、変動の幅自体は大きい方ですね。

口コミ燃費からの達成率は60.2%で悪そう

ekワゴン

出典:三菱 eKワゴン

続いて、この実燃費がカタログ燃費と比較して、どれくらいの燃費達成率になったのかを割り出してみます。

燃費 eKワゴン
カタログ燃費 29.4km/L
平均実燃費 17.7km/L
燃費達成率 60.2%

eKワゴンのオーナーの燃費報告をもとにカタログ燃費との達成度合いを算出したところ、なんと4割減の燃費となっていました。燃費には定評があるのですが果たしてこれは正しいのかを事項でも解説していきたいと思います。

まずは、この燃費についてオーナーがどのようにコメントしているのかを見ていたいと思います。

eKワゴンの口コミ実燃費はバラバラに

ekワゴン

出典:三菱 eKワゴン

オーナーのコメント:満足や不満の声

  • 冬で約12km/L、春で18km/L、夏で16km/L(満タン法による)
  • 3人乗って19kmだった。坂道含めた市街地でこの燃費なら十分。
  • メーターで信号の少ない田舎道だと平均20は超えてました。思ったより燃費いい
  • 私の運転で夏場で11km/L、冬場で7km/Lでした。

オーナーの口コミ評価によると実燃費はかなりバラバラな数値になっているようです。

10km/Lをきる場合もあれば、20km/L以上を達成する場合もあるようでこれだと実燃費がどれぐらいなのか正直わかりませんよね。

先ほど時期的に見ていくと燃費の変動があったのは分かりましたが、その他にも走行する道や環境などでも燃費に変動が見られるかもしれませんね。

そこでオートックワンの編集者さんが実際に試乗した際の実燃費で確認してみることにしました。これならかなり信憑性の高い情報が得られるはずです。

試乗時の実燃費は20km以上だった!?

ekワゴン

出典:オートックワン eKワゴン

以下の実燃費は実際に試乗して走行した際の燃費記録になります。

燃費 eKワゴン 燃費達成率
カタログ燃費 29.4km/L
実燃費・平均 25.4km/L 86.3%
実燃費・市街地 20.0km/L 68.0%
実燃費・郊外路 30.9km/L 105.1%
実燃費・高速道路 29.4km/L 100.0%

三菱は2016年に燃費不正問題がありましたが、その後新型eKワゴンでは日産が開発したエンジンを搭載しており実際の燃費が数値に現れるようになりました。

ポイントとしては、やはり郊外の高速道路での走行になります。街中で走るよりも圧倒的に燃費が伸びていることがわかりますよね。

新型eKワゴンはアクセルを強く踏み込まなくてもスイスイ走ることができ緩い上り坂程度であれば非力さはありません。

さらに日産が開発したことからe-POWERの観点が導入されたのか、アクセルから足を離すとエンジンブレーキがかかった感じがするようです。

ガソリン代は月4,800円前後?

ekワゴン

出典:三菱 eKワゴン

この市場調査からいくと市街地メインで走る場合には20km/Lになるのでこれをもとにガソリン代を計算してみましょう。

eKワゴンを買い物やお子さんの送迎などをメインで使う主婦の方であればガソリン代が似たような金額になるかもしれません。

毎日20kmを走ると仮定した場合、年間の走行距離は7300kmになるのでガソリン代を140円/Lで計算してみましょう。

また、今回は実燃費で①17.7km/Lでた場合と②20km/Lでた場合の2つのパターンで算出します。

ガソリン代

  • ①走行距離7300km ÷ 実燃費 17.7km/L × ガソリン代140円 = ¥57,740(約4,800円)
  • ②走行距離7300km ÷ 実燃費 20.0km/L × ガソリン代140円 = ¥51,100(約4,200円)

1年間でかかるガソリン代は5万円台となりましたので経済面では良いクルマと言えるのではないでしょうか。月々にすると4000円台になります。

eKワゴンの燃費向上の仕組み

ここでeKワゴンに備わっている燃費向上のための仕組みについても見てみることにしましょう。

eKワゴンにはハイブリッド車は用意されていませんがその他に低燃費を実現している理由があるかもしれません。

ekワゴン

出典:三菱 eKワゴン

前述したようeKワゴンのカタログ燃費は29.4km/Lありますが、この燃費を実現した理由はどこにあるのでしょうか。

調べてみたところ以下のような機能が低燃費に貢献しているようです。

オートストップ&ゴー

ekワゴン

出典:三菱 eKワゴン

オートストップ&ゴーと呼ばれていますが、要するにアイドリングストップ機能のことです。

eKワゴンの場合は減速した際に13km/h以下のスピードになると自動でエンジンが停止します。

停止状態時にブレーキペダルから足を離すとエンジンがオートスタートして再発進が可能です。この機能の良いところは、一度停止した際には足を置いていなくても停止の状態を保つことができます。

渋滞時には足が疲れることなく停車できる点は運転の疲れを軽減してくれます。

MI-PILOT

ekワゴン

出典:三菱 eKワゴン

燃費に貢献する仕組みでもあるのがこのMI-PILOT(マイパイロット)という仕組みになります。

これにはアダプティブクルーズコントロール(ACC)車線維持支援機能(LKA)の2つの機能が備わっています。

アダプティブクルーズコントロール(ACC)

ekワゴン

出典:三菱 ACC

ACCが低燃費に貢献する理由の一つにドライバーによるアクセルワークの改善が期待できるからです。

高速道路などでのベタ踏みや過度な追い越しなどは車のガソリン消費に影響がでますのでそれをアダプティブクルーズコントロールによって改善できるというわけです。高速での燃費が良い理由はこの機能が一つの要因かもしれません。

ACCを作動させる際にはステアリングの右側にあるボタンで定速を定めればOKです。

約30km/h〜100km/hの間で先行車に合わせて自動で追従してくれるので、運転手の疲れを軽減してくれます。

車線維持支援機能(LKA)

ekワゴン

出典:三菱 車線維持支援機能(LKA)

車線維持支援機能はフロントに取り付けられたカメラでクルマの前方の情報や白線などを認識してくれます。

車線の中央を走るようにコントロールされているので運転が苦手な方でも運転支援をしてくれるシステムです。

さらに、高速道路での長時間のドライブでもこの機能があればドライバーの負担も軽減されるのでとても便利な機能ですね。

本記事のまとめ

ekワゴン

出典:三菱 ekワゴン

いかがでしたでしょうか。今回は三菱のeKワゴンの実燃費についてオーナーのコメントや試乗時の報告を交えて解説してきました。

eKワゴンのカタログ燃費ではJC08モードで29.4km/Lという数値であったため期待していましたが、実際のオーナーの報告をみると17km/L前後しかでていないことが分かりました。

そこで試乗した情報を見たところ市街地で20km/L、郊外や高速だと30km/L前後まで燃費が伸びていたことが分かりましたね。

ガソリン代にすると月々でも4000円台を想定していますので家計にも優しいクルマと言えるのではないでしょうか。

本記事がみなさまの車選びにとって少しでもお役に立てれば幸いです。

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

  • タグ:
プリウス

この記事の作者に
いいねしてあげよう!

Copyrights(c)2019 pythons. All rights reserved