中古車の手続きの流れと必要書類について分かりやすく解説!

Car-Info

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

中古車を購入する場合の手続きについて悩んでいませんか?事前に書類や手続きをしておかないと納車が遅くなってしまいますよね。

そこで今回は、中古車を買う時の流れ必要な書類、手続きについて解説していきます。

悩む中古車を購入するときの流れとか必要な書類や手続きが知りたい!

  • 中古車を購入するまでの流れ
  • 契約後の書類や手続きについて
  • 車の保管や運転のために必要な手続き
  • 中古車の手続きに関するまとめ

それでは早速みていきましょう!

中古車を購入するまでの流れ

中古車
  • 欲しい車を決める
  • どこで買うのかを決める
  • オプションを決める
  • 契約書を結ぶ

欲しい車を決める

まずは車を買う予算目的を決めておきましょう。

200万円以下で月々の支払いがどれぐらいかや何人乗りにするか、車でどこに行くのかなどを最初に決めておくことをおすすめします。いざ販売店で商談をするときに迷ってしまうケースがありますので事前に決めておいた方がベストです。

どこで買うのかを決める

ディーラーやサブディーラー、中古車販売店やネットなど買い方はさまざまです。もしディーラーを選んだ場合には、そのディーラーが販売しているブランドのみの車(例えばトヨタ車)しか乗れないというデメリットもあります。

ディーラーで買うのか、中古車販売店で買うのかによって買い方が変わってしまうため、決めておくことが大事です。

中古車をどこで買うのが良いのか?販売店ごとに徹底解説!にまとめています。

オプションを決める

中古車は基本的にオプションがついている場合がよくあります。前のオーナーがとりつけている場合が多いためです。

ご自身の目的と予算に合わせたオプションをつける方が良いでしょう。

例えばお子様の送り迎えなどや運転初心者の方はバックモニター、純正カーナビなどです。逆にサンルーフがかっこいいと言ってとりつける方も多くいらっしゃいますがアウトドア目的ではない場合にあまり使わない上に費用数十万円かかるなどもあります。

契約書を結ぶ

契約書は非常に重要な役割があります。家電や雑貨を買うのと違い車の購入は契約になります。販売店の担当者と契約書(注文書)を書く場面があると思いますので以下の部分を注意して見ておきましょう。

  • 車名やグレード
  • 納車予定日
  • 特約事項
  • 留意点

車名やグレードと記載しましたが、実際には年式、走行距離、車の損傷の度合い(傷がどこにどの程度あるか)、事故車や修復歴車でないかを確認しましょう。

納車予定日についてももれなく確認しましょう。稀に納車に時間がかかり3週間ほど待つ場合があります。

キャンセルが可能かどうかやキャンセル料についても確認しましょう。納車された車が商談の際の説明と異なっている場合にトラブルになりますのでその場合に返品や返金ができるのかを担当者へ確認しておくことが重要です。

契約後の書類や手続きについて

書類

無事に契約書を書き終えたら、書類の準備や手続きをはじめましょう。できれば納車を早めたい場合にはこの時点には書類入手を進めておいた方が納車までがスムーズにいきます。

必要な書類関連や手続きは以下になります。

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 委任状
  • 車検証
  • 車庫証明書
  • 住民票

※住民票についてはいる場合といらない場合がありますので販売店に確認しましょう。 中古車を買うのに住民票がいる?不要な場合や取得方法を解説でもご説明しています。

また、上記のうち自分で準備が必須のものは、実印、印鑑証明書、車庫証明書になります。その他は若干費用はかかりますが販売店で対応してもらえます。

それでは手続きについて詳しくみていきます。

実印の準備

実印はすでにお持ちの場合は問題ありませんがあらかじめ市区町村で実印の登録をする必要があります。印鑑証明書の発行に必要です。

印鑑証明書

続いて実印を登録した後に、印鑑証明書を発行してもらいましょう。この印鑑証明書は発行から3ヶ月以内のものでなければ認められないので発行日に注意しましょう。

委任状

委任状は、前述した通り販売店が購入者の代わりに手続きを行う場合に第三者に委任しましたという意味合いで使われます。

販売店が行う手続きは、車の名義変更になります。おそらく現在のオーナーは販売店の名前になっていますので、自分の名義に変更します。この手続きを自分で陸運局に行って行うのであれば委任状は必要ありません。

車検証

車検証は、販売店が持っていますので自分で手続きを行う場合にはその車検証をもって陸運局へ行き名義変更の手続きをすることで新しい自分名義の車検証が発行されることになります。

晴れて車のオーナーになるわけです。

車庫証明書

車庫証明書は自分で警察署に行き、発行する必要があります。新規で車を買う場合でも車を乗り換える場合でも車庫証明書の発行が必須です。

この書類は自分の駐車場がどこにあるのか、確保しているのかを示す書面で必須になります。この書類の入手に平日3日〜4日ほどが必要になります。

車庫証明書についてはミニバン・ワンボックス専門店の中古車の購入に必要な「車庫証明」ってなに?必要書類と取得方法や手順も知りたい!がわかりやすいのでご覧ください。

車の保管や運転のために必要な手続き

車の保管

上記では中古車購入後の書類とそれに関係する手続きをあげました。以下は、それ以外に必要な手続きで少し時間がかかる場合があるので早めに確認と手続きをしましょう。

  • 駐車場探し
  • 保険
  • ローン

順に見て行きます。

駐車場探し

自宅に保管できる方は問題ないのですが、それ以外の方は駐車場を早めに決めておきましょう。 駐車場の位置を、前述した車庫証明書にも記載しなければなりません。

ちなみに、自宅から駐車場までの距離は、直線距離で2km以内でなくてはならず、それを超えた場合には車庫証明書は発行されず納車することもできません。

保険

保険の種類は2種類あり、自賠責保険任意保険があります。

自賠責保険に関しては全員必須で加入が義務付けられていて加入しなければ車検が通らず一般道を走行できません。

また、自賠責保険の内容は人身補償のみとなっているため、自分の車や相手も車、その他ぶつかって壊した場合などは全て実費で負担することになります。金額は死亡時に3000万円の補償となります。

任意保険はあくまで任意になりますが、2017年度自動車保険の概況によれば加入率は74%になっています。保険の開始日は納車日に合わせる方が良いでしょう。

また、保険の申請をしてから最短でも翌日、長い場合には1週間ほどかかる場合がありますので納車前に手続きを行いましょう。

ローン

車を現金で買う方よりもローンを組む場合が多いと思います。もしくは、今乗っている車を売った金額に現金やローンを乗せて支払いを行う場合です。

ローン審査を受けることになった場合には、銀行などから借りるのか信販会社などから借りるのかによって審査時間や金利も異なります。審査が長引けば納車ができないため、ローン審査はなるべく早めに通しましょう。

販売店に中古車を見学に行った時点でローン審査が通るのかを確認しておくのも良いかもしれません。1、2時間程度でわかる場合があります。

中古車の手続きに関するまとめ

手続き

いかがでしたでしょうか。

今回は中古車を買うときのスケジュールから必要な書類と手続きについてまでを幅広くお伝えしてきました。

車の場合は物販とは違い、契約になるので書類の準備や手続きに追われて大変ですよね。今回の記事内容に目を通して頂ければやるべきことのメインどころはつかめるかと思います。不明な点などがあればディーラーや中古車販売店などで聞きましょう。

納車時には、事前説明にない傷がないかどうかなども見ておくようにしましょう。

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

プリウス

この記事の作者に
いいねしてあげよう!

Copyrights(c)2019 pythons. All rights reserved