中古車の納車の日数と最短で納車するための方法を徹底解説!

Car-Info

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

中古車の納車についてどれくらいの日数がかかるのか事前に知っておきたいですよね。

中古車の中には納車が早い場合や遅い場合があり、納車日の短縮も可能な場合があります。

納車日を早めるためには車庫証明の手続きやスケジュールを事前に準備しておくことが重要です。

本記事では中古車の納車について一連の流れや手続きをまとめましたのでご覧いただき素敵なカーラーフにお役立てください。

本記事では以下のような疑問にお答えします。

悩む中古車の納車日や早める方法を知りたい

それでは、早速みていきましょう!

  • 中古車の納車日はどれくらいかかる?
  • 納車を早める方法や必要書類を紹介
  • 納車日が遅れるケースを把握する

中古車の納車日はどれくらいかかる?

中古車を購入した際に納車される平均的な期間があります。

それは、約1週間〜2週間程度となります。

カスタマイズ等やトラブルがあった場合でも遅くとも4週間で納車されますが、これより遅い場合には契約の解除等も可能な場合があります。

ここでは、平均の納車日はおよそ1週間〜2週間と覚えておくことが良いでしょう。

それでは、具体的なスケジュール感についてみていきましょう。 支払い方法がローンなのか現金なのかでわかれます。

ローンの場合の納車スケジュール

ローン

  • ローン審査
  • 頭金
  • 書類準備(印鑑証明や車庫証明)
  • 整備登録(名義変更・車検)
  • 点検・整備(クリーニングや走行テスト)

※点検・整備は1日程度で完了します。

※頭金の入金は納車日や納車の直前に入金することが多い 中古車をローンで購入する場合には審査が必要になります。

銀行や信販会社などどこの機関でローンを組むのかによって審査期間や融資額、審査の難易度が変わってきます。

また、頭金をいれるかいれないかや返済期間で金利が大きく変わってきますが、ローンの場合、納車までのスケジュールの中にローン審査の期間があるという点を覚えておきましょう。

現金の場合の納車スケジュール

  • 前払金(手付金)
  • 書類準備(印鑑証明や車庫証明)
  • 整備登録(名義変更・車検)
  • 点検・整備(クリーニングや走行テスト)
  • 残金支払い

※残金の支払いは納車日までに入金すればokです。

中古車を現金で購入する場合には、ローンのように審査が不要で比較的、第三者機関の影響を受けずに納車を待つことができます。お金の準備だけを行なっておきましょう。

ローンに関する知識をまとめた、中古車ローンは月々いくら?詳しく解説をご覧ください。

さて、ここから先はどうすれば納車を早められるのか?という点について解説していきたいと思います。

先ほど、基本的な納車日は1週間〜2週間とお伝えしましたが、実際には即日納車が可能な場合もあります。

納車日を早めるコツ

納車を早める

納車日を早めるコツがいくつかあります。

最短の納車で即日〜5日程度で可能です。納車日が早くなる場合には以下のような条件や手順がありますのでご覧ください。

  • 車検が残っている車を購入する
  • 駐車場確保と車庫証明書を入手しておく
  • 軽自動車を購入し車庫証明の手間を省く
  • 最寄りの中古車販売店で購入する
  • 車を搬送せずに自分で引き取りに行く
  • 自分で運輸支局に行き手続きする
  • 毎月20日前後までに契約する
  • 販売店へ納車日の日柄を指定しない

上記から抜粋していくつか解説していきます。

車検が残っている車を購入する

購入する中古車の車検が残っているかいないかで納車日が大きく変わります。

車検が残っている場合だと即日〜5日以内程度でも納車が可能です。

車検を受けていなければ公道を走ることができません。そして新しく車検を受けるにはおよそ1日〜2日ほどかかってしまう場合があります。 そのため納車を早めたい方は購入する車両に車検が残っているかどうかを確認してみると良いでしょう。

※ちなみに中古車販売店で展示されている車は車検なし(ナンバープレートなし)が普通です。展示して買い手がつくまで費用をかける必要がないからです。ただし前オーナーが車検前に手放す場合も多くあるので納車に関しては早く受け取れるでしょう。

車庫証明について

中古車を購入する場合には、車庫証明書が必要になります。自動車の保管場所を確保しているかを証明する書類で届け出が必要です。

車庫証明は、警察署で申請が必要になるため証明書取得までに、平日4日間ほどはかかるでしょう。

ただし、車庫証明を早く取り過ぎても問題があります。

車庫証明は申請後に取得してから2週間以内に登録しなければならないのであらかじめ販売店に伝えておき、車庫証明の発行に合わせて納車日を指定してもらうようにしましょう。

軽自動車を購入して車庫証明の手間を省く

軽自動車の場合は、車庫証明の申請自体が不要です。

一部例外として車庫証明書の記載等は不要ですが駐車場の位置を届け出る場合がいくつかあります。

詳しくは全国軽自動車協会連合連に掲載されていますのでご確認ください。

毎月20日前後までに中古車販売店と購入契約を行う

毎月20日前後までに契約すると納車を早められる理由としては、中古車販売店側の都合によるものです。

通常の納車にかかる時間を1週間ほどと考えた場合に、中古車販売店の同月の売上計上のタイミングは納車された日となります。

そのため、納車を早めるために駆け足で準備をしてくれるでしょう。

販売店へ納車日の日柄を指定しない

販売店の厚意で日柄を待って納車することがあります。

日柄は大安や友引、赤口や仏滅などがあります。昔からの名残で、この日柄を考慮した日取りで納車の予定を組む販売店も多くありますので、このあたりは気にせず納車してもらうよう一声かけておくことで納車日を早めることができます。

続いて、納車が遅くなるケースもありますので確認していきましょう。

事前に確認することで納車日を遅れないようにすることができます。

納車が遅くなるケース

納車遅れ

  • 車検が切れている
  • 補修や修復をする必要がある
  • オプションなどをつける
  • 陸送する際に配達距離が遠い
  • 人気の中古車を購入した場合
  • 人気の車種の入荷待ち
  • 月末や決算セール時などの繁忙期
  • ローン審査に時間がかかっている
  • 書類に不備があった
  • 駐車場を契約していなかった

こちらもいくつか抜粋して解説していきます。

補修や修復をする必要がある

中古車を購入する場合に、実車確認をせずに購入する方も多く見られます。

その際にトラブルになりやすいのは納車後に事前説明になかった傷がたくさんあったなどというトラブルです。

また、販売店側に届いた時に発覚した場合にはその場で修復を行うケースもあります。そのため、納車日が遅れてしまうというケースです。

中古車でも試乗ができたり実車確認ができる場合もありますので事前に見て購入することで納車日も早くトラブルになりにくくなります。

ローン審査に時間がかかっている

車がすぐに必要な方の場合、ローン審査と同時に購入契約まで進む方も多くいます。

その際に銀行などからローン購入すると審査に1週間程度かかる場合もあり納車ができる状態ではあるけれどもローン審査が通らないということがあります。その際に納車が遅れてしまうケースがあります。

通常は、中古車販売店が商談時にローン審査を通しておくところが主流になっていますのでよほどのことがない限り問題ないかと思います。

続いて、納車されるまでに販売店側が行なっている作業もみておきましょう。

納車を急ぎすぎてふたをあけてみたら傷だらだった、オプションが設置されていなかったなどがあります。把握しておくことが大事です。

販売店が納車までに行う作業

洗車

  • 車検の取得
  • 名義変更(代行した場合)
  • オプションの設置(カーナビやETCなど)
  • 任意保険などの手続き
  • クリーニング(板金塗装や内装整備)
  • 車両確認(内部の動作確認や走行テスト)
  • 洗車(外装の洗車)

中古車販売店は、納車されるまでに上記のような手続きをとります。

お客様側で一部自分でできる手続きもあります。

納車日が最短で即日の場合もありますが、上記の工程を省くということになりますので何かトラブルが発生する可能性は高くあります。

例えば、最短で納車できる場合の車の条件として、車検が切れていない、車庫証明書がある、車に問題はない、名義変更するだけ、という場合には洗車やクリーニングなどの保守部分が省略される場合もあるので注意が必要です。

納車日に確認すべきこと

確認

  • 販売店の担当者が説明した通りの契約内容か確認
  • 傷や凹みの具合をチェック
  • 依頼したオプションなどが盛り込まれているかどうか

前述したように、販売店側は売上を立てるためや最短の納車要望に合わせるために納車を急いでくれる場合がありますが、納車日に最終チェックは必ず行いましょう。

納車されて受け渡しが完了すると、クーリングオフ制度などは使えないこともあり思わぬ痛手を被るケースがあります。また、厳密に言えば契約が完了する時点でキャンセルすることは難しくなります。そのため契約書類を記入する際には必ず確認をしましょう。

また、内装や外装については、最低限やることとして上記であげた納車日に確認すべき事項をチェックすることをおすすめします。

中古車の納車に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は中古車の納車に関してお伝えさせていただきました。

中古車の納車は基本、1週間〜2週間が必要ですが最短の条件が揃っている場合、 即日〜5日以内でも納車が可能です。

しかし、納車を急ぐあまり販売店側で注力すべき洗車やメンテナンスなどの工程を省く場合もでてくるので注意が必要です。

本記事が皆様にとって中古車選びの一助になれば幸いです。

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

プリウス

この記事の作者に
いいねしてあげよう!

Copyrights(c)2019 pythons. All rights reserved