日産 デイズルークスの評価・評判は良いが不満や欠点も多かった!

デイズルークス

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

日産のデイズルークスといえば女性や主婦の方に人気の高いスーパーハイトワゴンですよね。

その人気の高い理由がどこにあるのかに迫りました。

本記事ではデイズルークスのオーナーのコメントを聞きながら評価や評判が良いのか悪いのか、欠点はどこかといったポイントで解説していきます。

それでは早速見ていきましょう。

デイズルークスのエクステリアの評価は良好

デイズルークス

出典:日産 デイズルークス

デイズルークスは、日産と三菱の合弁会社、NMKVが開発したスーパーハイトワゴンです。

この軽ハイトワゴンのジャンルは競合がひしめいていて、ホンダのN-BOXやダイハツのタント、スズキのスペーシアなど超人気の車が勢揃いですよね。

その中でデイズルークスのエクステリアの特徴は、カラーバリエーションが豊富角ばったBOX型ではないということです。

さらには日産車ならではのVモーショングリルが定番のフロントマスクは男性よりも女性から圧倒的に支持されている傾向にあります。

気になるフロントマスクは以下のような感じで、カラーはおよそ20種類ほど用意されています。

  • デイズルークス
  • デイズルークス
  • デイズルークス
  • デイズルークス
  • デイズルークス
  • デイズルークス

オーナーのコメント:フロントデザインに満足

  • Vセレクションで専用シート、トリムで一寸高級感あり。
  • フロントのVモーショングリルも非常にマッチしていて、下品なデカグリルに頼らずに立派な車格感が実現できているのは素晴らしいと思います。
  • マイチェンしてカッコよくなりました。好みのマスクです。
  • タント/NBOXの箱型は男性的なデザインで少し苦手。スペーシア/デイズルークスの食パン?型のほうが好みでした。

まず評価されているのがフロントフェイスの部分です。

他車とフロントを比較すると角ばりBOX型ではない

軽ハイトワゴンと言われるライバル車と外観を比較して見ましょう。

ホンダのN-BOX、ダイハツのタント、スズキのスペーシアと比較すると形に特徴があるのが日産のデイズルークスです。

この形についてはオーナーによって好みが分かれますが、BOX型のボディになるとボンネットは見えてもフロントの長さまでは見えづらい部分がありますが、その点デイズルークスは、ボンネットが傾斜になっているため地面までの距離も把握しやすい格好になっています。

デイズルークス グレード別の価格表

デイズルークス

出典:日産 デイズルークス

以下にグレード別のカタログ燃費と価格表をまとめてみました。

グレード名 燃費(2WD) 価格
S 22.0km/L 約134万円
X 22.0km/L 約146万円
ハイウェイスターX 22.0km/L 約166万円
ハイウェイスターX Gパッケージ 22.0km/L 約174万円
ハイウェイスター Xターボ 22.2km/L 約170万円
ハイウェイスター Gターボ 22.2km/L 約179万円
X Vセレクション 22.0km/L 約152万円
ハイウェイスターX Vセレクション 22.0km/L 約173万円
ボレロ 約162万円
ライダー(ハイウェイスターXベース) 約186万円
ライダー(ハイウェイスターX Gパッケージベース) 約193万円
ライダー(ハイウェイスター Xターボベース) 約189万円
ライダー(ハイウェイスター Gターボベース) 約198万円

カスタム車であるボレロとライダーのグレードについてはカタログ燃費は未公表ですが、ほぼ22km/Lか前後と見てよいでしょう。

それにしてもボレロとライダーの価格は高すぎますね。

この値段に諸経費がプラスされるのでHYBRIDのコンパクトカーも買えてしまう価格ですね。。。

インテリアの評判は良い点と悪い点あり

デイズルークス

出典:日産 デイズルークス 室内

室内のインテリアでオーナーから評価されていたポイントは質感の部分になりますが、一方で不満が多かった点もあるので解説していきます。

オーナーのコメントではコンパクトカーよりも良いといったお墨付きのレビューがありました。その他、これが軽自動車?といったギャップに対して高評価がついています。

オーナーのコメント:室内の質感に満足

  • シートは適度なクッション性で乗り心地が良いです。ただし、長時間乗車するならもうちょっと硬めが良いかもしれません。
  • 内装は全体的に落ち着きがあります。質感は日産のコンパクトカーであるノートやマーチよりはるかに良いです。
  • およそ軽とは思えないクオリティの高さです。
  • 質感が豪華で軽とは思えない程☆インパネが横に広がって見えるデザインなので高さも相まって実際よりも広く感じる!

どんな室内空間になっているのかを確認してみましょう。

シートはグレードごとに色味の違うタイプが用意されており、主にはアイボリー、ブラウン、ブラックの3種類があります。

デイズルークス

出典:日産 ハイウェイスターX / X Vセレクション / Xターボ

デイズルークス

出典:日産 ハイウェイスターX Gパッケージ

デイズルークス

出典:日産 ハイウェイスターGターボ

デイズルークス

出典:日産 S

デイズルークス

出典:日産 X / X Vセレクション

シートアレンジが可能で実用性がある

さらに、シートアレンジが多彩で後席シートは独立タイプで26cmのロングスライド機能がついています。

リヤシートを倒せば、ほぼフラットになるので車中泊もできる上、ママチャリやロードバイクまでのせることができる広々とした空間があります。

デイズルークス

出典:日産

デイズルークス

出典:日産

デイズルークス

出典:日産

デイズルークス

出典:日産

人が乗るにも荷物を積むにも十分な室内空間と実用性を考えたシートアレンジが備え付けられていますよね。この辺りが主婦の方をはじめ、デイズルークスの人気が高いポイントになります。

デイズルークスのインテリアで低評価ポイントを発見!

デイズルークス

出典:日産

インテリアの部分でインパネに不満もあるようでしたので紹介します。

多くのオーナーが口を揃えて言っているのがエアコンが遠いとか、操作がしにくいといったところです。レビュー評価を見てみましょう。

オーナーのコメント:不満の多いインパネ

  • セレクターレバー、ドアミラーやエアコンなどのスイッチ類はちょっと遠いです。若干シートから背中を浮かせないと手が届きません。
  • 運転中にフロントガラスが曇ってきてエアコンを操作したいという場合は手探りで操作できないので、やや実用性には欠ける
  • エアコン操作スイッチはタッチ式になっているので、目視しないと操作できないので使いにくいです。
  • タッチパネルは一長一短。手探りで操作できないため運転中のエアコン微調節はかなりヒヤヒヤ。

該当の箇所は以下の部分ですね。

デイズルークス

出典:日産 オートエアコン

ちなみに、エアコンがスイッチ(タッチ)式になっているので操作しにくいといったコメントもありましたが、一応最下層のSグレードにはなってしまいますが、ダイヤル式(マニュアル)のエアコンも用意されています。

ただし、最下層のグレードになるのでその他の装備も最低限装備になってしまいます。

収納は多すぎず少なすぎずの評価

収納の多さは利便性の高さ、ということで調べてみたところ、どうやら収納は多くはないようで普通か、人によっては若干少なく感じるかというコメントが多く見られました。

オーナーのコメント:もうちょっとほしい

  • グローブBOXの容量も少なめだが、そのためスズキ車のようにシートアンダーBOXが付いている。
  • 収納は必要なところに必要なだけあります。特別多くも少なくもないです。
  • 前席の収納箇所が少ない。あっても蓋がないので丸見え。埃もこれでは気になります。

デイズルークス

出典:日産 収納箇所

収納は上記の写真の番号の部分にあります。アッパーボックスやカップホルダー、インストポケット、お買い物フックなど必要最低限は十分確保してありますが、軽自動車に小物を多く入れている方はちょっと物足りないかもしれませんね。

収納についての詳細は、日産デイズルークスの機能からご確認いただけます。

デイズルークスの燃費の評価や評判は悪すぎた

デイズルークス

出典:日産

続いて燃費についても見てみましょう。

冒頭のグレード表にも記載の通り、カタログ燃費では22km/Lとなっていて軽ハイトワゴンのライバル車の中ではかなり低い数値になっています。

燃費 カタログ燃費
デイズルークス 22.0km/L
N-BOX 27.0km/L
タント 27.2km/L
スペーシア 30.0km/L

では実燃費はというと、これまたかなり低い数値であったことが報告されています。

デイズルークスの実燃費は14.10km/L

デイズルークスの実燃費を調べたところ年間の平均値で14km/Lとなっているようです。

デイズルークス

出典:日産 デイズルークス実燃費

軽自動車で15km/Lを下回るというのはかなり燃費が悪い証拠ですね。オーナーからの評価や評判もかなり悪いような印象をうけました。

デイズルークスの実燃費は以下の記事で詳しく解説しています。

走行性能やエンジン性能はNAに低評価の声

デイズルークス

出典:日産 デイズルークス

続いてエンジン性能や走行性能についてのオーナー評価を見てみましょう。

オーナーのコメント:NAは非力で不満

  • ノンターボモデルだと、流石に大人が3人乗ると登り坂や高速道路への合流ではSモードにシフトしてアクセルを踏み込まなければなりませんが、平地や市街地、高速道路の巡航なら十分満足する性能です。
  • 49馬力のエンジンで930kgもあるボディを走らせるのには正直言って非力さは否めないかと思います。
  • ノーマルエンジンなら、セカンドカーで平坦な市街地限定ですね。新雪が積もっていたら、前に進めなくなる可能性大ですね
  • 車体が重いので、ターボにしました。ノンターボならアウトと思います。

デイズルークスには660ccのNAエンジン(自然吸気)とターボ車があります。

オーナーのコメントにもあるようにライバル車と比較すると重量のあるボディサイズに対してNA車のエンジンだと走行には不便さやパワーの非力さを感じてしまうと思います。

デイズルークスの場合だと、アクセルに足を軽く乗せるだけでスピードをキープできるだけのエンジン性能はありますが、さすがに高速道路での追い越し時や合流時の加速となるとエンジンがうなり、パワー不足を感じてしまいます。

できれば3B20インタークーラーターボエンジンを搭載したターボ車を選んだ方が良さそうですね。

ただ、街乗り程度の用途であればNA車でも問題ないかと思います。

快適装備には安心の高評価で評判が高い!

オーナーから評価されているのはデイズルークスのアラウンドビューモニターと両側スライドドアでした。

まずはレビューコメントを見てみましょう。

特にアラウンドビューモニターに対する高評価が多いようですね。確認してみましょう。

デイズルークスのアラウンドビューモニター

デイズルークス

出典:日産 アラウンドビューモニター

オーナーのコメント:安全装備・快適装備は良好!

  • ルームミラーよりナビ画面でアラウンドビューモニターが見やすく、最初は迷っていたナビを付けて良かったです。バックでの駐車が苦手な自分も駐車スペースど真ん中にビシッと決まるのがウキウキです。
  • 両側スライドドアやアラウンドビューモニター、タッチパネルのオートエアコンやUVカットのガラスも気に入っています。
  • アラウンドビューモニターもあると非常に便利で、手放せなくなりました。
  • 日産得意の駐車支援のアラウンドビューモニターは夜の駐車時やお店の狭い駐車場での駐車に一役買ってくれます。

快適、安全装備ではこのアラウンドビューモニター がかなりの高評価をうけています。

ルームミラーの左側に上空からの映像とバックモニターが表示されるので死角にある物や人でも把握しやすく安全性に優れています。

スライドシートやリヤシーリングファン

デイズルークス

出典:日産 両側スライドドア

リヤ(後席)の天井には送風口(シーリングファン)を設置しているので車内の空気を循環させることができ、乗車する方の体感温度を約4度低く抑えることができます。

さらにお子さんが立って着替えができるほどの広々とした室内高があり日光対策のサンシェードなども設置されています。

スライドドアとワンタッチ機能

デイズルークス

出典:日産 ワンタッチスライド機能

オーナーのコメント

  • スライドドアのワンタッチボタン、アラウンドビューなど至れり尽くせり。子育てのための車としてかなり使いやすく優秀だと思います。

両側スライドドアは主婦の方から多くの支持を集めているようですね。

インテリジェントキーを身につければ子供を抱きかかえたままでもドアにタッチするだけで開閉できるリモコンオートスライドドアが準備されています。

後席と荷室の広さ

デイズルークスの特徴は、後席や荷室の広さにあります。乗り込んだ瞬間につい「広っ!」と声にでてしまうほどでスクエアな広大な室内空間を実現しています。

デイズルークス

出典:日産 両側スライドドア

オーナーのコメント

  • 天井が高く開放感があって広く感じる。車内の質感が高く軽と思えない程!

天井までの高さが1,080mmあるので男性ドライバーが座っても頭上には拳2〜3つ分は余裕であく高さが用意されています。

さらに、27インチの自転車も入る荷室スペースが用意されているのでお子さんの送迎時などにも重宝されているようです。

デイズルークス

出典:日産 ラゲッジルーム

荷室 広さ
A.ラゲッジルーム開口高 1,080mm
B.ラゲッジルーム開口幅 1,090mm
C.ラゲッジルーム開口長 1,320mm
D.最低地上高 600mm

本記事のまとめ

デイズルークス

出典:日産 デイズルークス

いかがでしたでしょうか。今回は日産 デイズルークスの評価や評判について解説してきました。

評価の高かったポイントとしては、エクステリアのデザインやインテリアの質感、室内の広さになります。

一方で不満が多く評判が悪かったのはインパネの操作性や距離感、燃費の悪さ、NAエンジンの非力さ、といったところだったかと思います。

良い点と悪い点がそれぞれでてきていたので甲乙つけがたいところがありますね。

特に軽ハイトワゴンのライバル車は広い室内空間に加えて燃費が非常にいいということがスタンダードになっている中で、デイズルークスの燃費は悪すぎるといったところがかなりネックになってくるかとも思います。

デイズルークスの実燃費は以下の記事でも詳しく解説していますので引き続きご覧ください。

本記事がみなさまの車選びにとって少しでもお役に立てれば幸いです。

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

プリウス

この記事の作者に
いいねしてあげよう!

Copyrights(c)2019 pythons. All rights reserved