日産 新型デイズの評価や評判は高いが欠点が見える結果に。

デイズ

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

日産の新型デイズは2019年3月にフルモデルチェンジした2代目のモデルになります。

新型デイズで注目されるポイントは企画や開発を日産が行い生産部分を三菱が担当するという点です。

パワートレインやプラットフォームを刷新した車体の評価や評判はどうなのでしょうか。気になるところですよね。

そこで今回は、新型デイズを所有するオーナーからの評価や評判を口コミから集めて解説していきたいと思います。

全体的に評価は高い部分が多いですが、欠点もある結果となりました。それでは早速見ていきましょう。

デイズのエクステリアの評価は良好

デイズ

出典:日産 デイズ

新型デイズのエクステリアの特徴としては、やはりフロントのVモーショングリルではないでしょうか。

通常グレードのデイズとハイウェイスターのグレードとで若干の形状が異なりますが、いずれも一目見ただけで日産車であることが分かるデザインになっています。

外装についてオーナーがどのような評価をしているのか口コミで確認してみましょう。

オーナーのコメント:フロントデザインに満足

  • ボンネットは凄く短いのだが、遠目だとデザイン効果で少し長く見えるのが凄いと思った。
  • 横、後ろは良し。顔は朝青龍的(どすこい)に見えてしまう自分がいる。
  • Vモーショングリルからボンネット、車体側面から後方へと続くラインが美しく気に入っています。

Vモーションからヘッドライトにかかる鋭いデザイン感に特徴があるようですね。

新型デイズには主に3種類のエクステリアが用意されています。

グレード別に見ると通常のデイズハイウェイスターボレロになります。画像で確認してみましょう。

ボレロはカスタム車になりますので若干特殊ですが、通常のデイズとハイウェイスターでは、フロントのVモーションに違いが出ていますね。

ハイウェイスターは、通常のデイズよりもVモーションを大きくしてヘッドライトの幅を狭めたイメージです。

またフロントバンパーも台形型かやフォグランプ(ヘッドライトの下のライト)の部分も変わってきますね。

リヤ(後方)についてはハイウェイスターにはエアロバンパーなどがつくのでスポーティーな感じになります。

グレード別の価格は以下になります。

グレード名 燃費(2WD) 価格
ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション 25.2km/L 約167万円
ハイウェイスターX プロパイロットエディション 28.6km/L 約159万円
ハイウェイスターGターボ 25.2km/L 約157万円
ハイウェイスターX 29.8km/L 約149万円
X 29.4km/L 約134万円
S 29.4km/L 約129万円
ボレロ 29.4km/L 約143万円

ハイウェイスターの上級グレードになれば価格は、150万円後半ぐらいになっているようですね。ちなみにターボ車も用意されています。

新型デイズはカラーバリエーションが豊富

デイズのカラーバリエーションもかなり豊富なんです。

通常のデイズの単色カラーは11色あり、ハイウェイスターになるとツートーンカラーも選択でき合計11色、ボレロはツートーンカラーも選択可能で合計7色展開になります。

ハイウェイスターのグレードで全てのカラーを確認してみましょう。

  • デイズ
  • デイズ
  • デイズ
  • デイズ
  • デイズ
  • デイズ
  • デイズ
  • デイズ
  • デイズ
  • デイズ
  • デイズ

出典:日産 デイズ ハイウェイスター

ツートーンカラーは、ルーフ(屋根)とボディ部分の色が異なるタイプのカラーのことをさします。ハイウェイスターではツートーンカラーが4種類用意されています。

詳しく見たい方は、日産のDAYZの外装からご覧ください。

ボレロについては日産のボレロの外装からご覧ください。

インテリアの評価や評判が高い

デイズ

出典:日産 デイズ ハイウェイスター

デイズのインテリアについては、オーナーから満足しているという評価が多く見られました。まずはコメントから見てみましょう。

オーナーのコメント:フロントデザインに満足

  • ブラウン調の内装、質感は軽としてはリッチに感じる。シートにある黒のアクセントもカッコいい。ハンドルの革調もプラ感なくよかった。
  • 運転席周りの収納は実に多彩。ラゲッジ下の収納スペースが大幅に増えたのは大歓迎。
  • ダークブルーとブラックのツートンによるダッシュボードと本革ステアリングの質感は高い。
  • 安っぽいや、豪華過ぎ、という極端な感じは全くない。普通の良質なコンパクトカーの新車と同じくらい。

デイズには主に4タイプの内装が用意されています。グレードやオプションによって高級感のあるインテリアに変更することが可能です。

まずはオーナーが評価している室内について画像で確認してみましょう。

デイズ

出典:日産 デイズ ハイウェイスター

コメントの中で視界が良いというレビューもありましたが、その理由はAピラー(サイドミラーあたりのボディとルーフをつなぐ柱)の部分をシートに近づけているため視界がひらけて見えるという効果があります。

デイズ

出典:日産 デイズ ハイウェイスター

デイズ

出典:日産 デイズ Gターボ ハイウェイスタープロパイロット

デイズ

出典:日産 デイズ Gターボ ハイウェイスタープロパイロット

デイズ

出典:日産 デイズ Xグレード

アイボリーカラーのトリコットを使用した通常グレードの室内は落ち着いた印象です。

デイズ

出典:日産 デイズ Xグレード

デイズ

出典:日産 デイズ ボレロ

フロント周りのグリル部分にはカラーリングがダーククロームを搭載しています。外装、内装ともにパステルカラーのような綺麗な色合いを採用しているので女性からの支持も高くなっています。

デイズ

出典:日産 デイズ ボレロ

デイズ

出典:日産 デイズ

リヤシートについてはスライド幅が170mm確保してあります。

座面は隣同士でくっついていますが背もたれについては左右分割式を採用しているので片方のみを倒すことも可能です。

ただし、リヤシートについては欠点もあります。

男性が座ると着座位置が低く感じてしまいます。というのも女性や子供が座ることを想定してつくられたので身長が高い方などはどうしても足を伸ばして座ることになるので長時間のドライブには向いていないでしょう。

デイズの乗り心地の評価はイマイチ?

デイズ

出典:日産 デイズ

上記でインテリアの紹介をしましたので、続いて乗り心地の評価についても見てみたいと思います。

乗り心地については別記事で詳しくまとめていますのでここでは簡単にポイントだけをまとめてみました。

オーナーの乗り心地評価まとめ

  • 走行時の突き上げが我慢できないほど激しいことがある
  • 一方突き上げをいなす快適な走行と答えるオーナーもいる
  • 運転席のシートリフターが座面が動く仕様で使いづらい
  • 後席のシートが座りにくい
  • 車内はそれなりに静かだがエンジン音などは入ってくる
  • 後席は広々空間で高評価
  • ラゲッジスペースはフラットにはならない

乗り心地について、簡単にまとめると上記のようになります。

良い評価もいくつかありますが、不満(欠点)なども多く見られました。

乗り心地の評判については、以下の記事で詳しく解説しています。

エンジン性能は評価が高い

デイズ

出典:日産 デイズ

エンジンについては、新開発されたBR06型0.66リッター直3ガソリンユニットを採用しています。

標準のグレードにはNAエンジンのみが搭載されていますが、ハイウェイスターにはNAエンジンとターボエンジンが採用されています。

オーナーからのエンジン評価は高いものがあります。実際にコメントを見てみましょう。

オーナーのコメント:評判のいいエンジン

  • 素直なハンドリング、所有の軽自動車よりもクイック気味の操舵角が気持ちよい。
  • スタート時のもたつきもなくスムーズな加速が良かった。
  • トルク感が素晴らしく、ストレスなく加減速できた
  • 走る分には十分なパワーがあります。踏めばしっかり加速もしてくれる。

トルクがあり加速感が良いというコメントが多く見られますね。

スムーズな加速と伸びのあるフィーリングが特徴

デイズ

出典:日産 デイズ エンジン

その評価されているエンジン性能を表にしてみましたので見てみましょう。

  NA ターボ
型式 BR06型
最高出力kW(PS)
/r.p.m.
38[52]/6,400 47[64]/5,600
最大トルクN/m(kgf・m)
/r.p.m.
60[6.1]/3,600 100[10.2]/2,400〜4,000

特徴としては、モーターとリチウムイオン電池搭載のコンパクトなハイブリッドシステムになっているのでスムーズな発進が可能で、追い越しの際にも加速をアシストすることができる効率性の高いエンジンです。

新開発されたCVTのトランスミッションは静粛性も高いので伸びのあるフィーリングが感じられると思います。

また、セレナやリーフにすでに搭載されているプロパイロット(クルーズコントロールやハンドル支援機能)を軽自動車で初めて採用していますのでこの辺りがオーナーに評価されているポイントと言って良いでしょう。

デイズの燃費評価はかなり高い!

デイズ

出典:価格.comマガジン 日産デイズ燃費計

まずは上記の画像を見ていただきたい。これは編集者が高速道路走行時に達成した日産デイズの実燃費になります。

35km/Lというおそろしく高い数値がでていますよね。デイズの最大の特徴はこの燃費ともいえます。

実燃費は平均すると18km/L以上は達成する

デイズ

出典:みんカラ 日産デイズ実燃費報告

上記は口コミサイトでのデイズの燃費報告になります。実燃費は18km/L〜22km/Lというのが実際の実力となりそうです。

しかし前述したように特に郊外での高速道路などでは30後半の数値もでたという実績もあるので低燃費車であることに違いありません。

燃費評価が高い理由はスマートシンプルハイブリッド

デイズ

出典:日産 デイズ スマートシンプルハイブリッド

低燃費を実現している理由スマートシンプルハイブリッドアイドリングストップの機能です。

デイズには信号などで停車のため減速する際のエネルギーを蓄えてバッテリーに保存しておき、エンジンをアシストする機能があります。

さらにアイドリングストップによって従来よりもエンジン出力を抑えることができていることが低燃費に貢献しており、オーナーから高く評価されているポイントになっています。

新型デイズの実燃費については、以下の記事で詳しく解説しています。

本記事のまとめ

デイズ

出典:日産 デイズ

いかがでしたでしょうか。今回は日産 新型デイズの評価や評判についてオーナーのコメントから解説してきました。

評価の高かったポイントは、エクステリアのフロントデザインやインテリアの質感、視界の広さ、さらには加速がスムーズなエンジン性能に加えて低燃費を実現する仕組みになります。

一方で、運転席のシートリフターや後席の座り心地、全体的な乗り心地については不満の声もあがっていたことがわかりました。

一度試乗して特に問題がなければ自分にあった車だということがお分かり頂けるかと思いますが、人によっては扱いづらいという部分もでてくると思います。

全体的な総合評価としては、乗り心地がフィットすれば非常に良い評価と言えるでしょう。

その他、新型デイズの関連記事は以下でもご紹介していますので引き続きご覧ください。

本記事がみなさまの車選びにとって少しでもお役に立てれば幸いです。

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

プリウス

この記事の作者に
いいねしてあげよう!

Copyrights(c)2019 pythons. All rights reserved