ダイハツ キャストの乗り心地は良いが欠点もあったので分かりやすく解説!

キャスト

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

ダイハツのキャストといえば、3種類の車選びができる点で人気が高い軽自動車ですよね。

人気があるので乗り心地についても良いのかと思いきや、欠点もいくつかあるようです。

そこで今回は、キャストのオーナーが乗り心地についてどのように評価しているのかを聞きながら、良い点や悪い点などを評価していきたいと思います。それでは早速見ていきましょう。

走行時の突き上げは微妙に気になる。

キャスト

出典:ダイハツ

キャストの走行時の振動について、オーナーの意見を聞いてみたところ、振動や突き上げが若干気になると言う声がありました。

オーナーのコメント

  • 舗装面のよくないところは、突き上げがある。
  • 段差では突き上げ感が強いです。

軽自動車であれば、コンビニに入る時やマンホールなどでの段差はやはり突き上げや振動があるみたいですね。

人気No.1軽自動車のN-BOXでさえ振動はあるので突き上げに関して100%良いを求めるのは難しいでしょう。

そのため、軽自動車でありながら振動をどれだけ感じさせないか?ということがポイントになってきます。

その点で評価すると、キャストは比較的振動が少ない車だといえそうです。実際、キャストを所有するオーナーからも控えめな意見はごく少数だったので、走行時の振動については良好なレベル感と言って良いかと思います。

ちなみ、横揺れについても調べてみました。

車内の揺れはなく心地よい

キャスト

出典:ダイハツ

車内に乗っていると、揺れはそんなに大きくないようですね。サスペンションについてはすこし固めのようです。

オーナーのコメント

  • サスペンションはムーヴのRSと共通との事で少し硬めの印象ですがただ硬いだけではなく上手に衝撃を吸収しているように感じました。

サスペンションが固い場合は、路面から伝わる衝撃や振動がダイレクトに乗務員に伝わることがあるため振動を感じやすい場合があります。

荒れた路面などで突き上げがあると感じる場合にはサスペンションが固い車が多いのですがキャストの場合、固すぎず適度に柔らかさもあるようなのでうまい具合に振動を吸収してくれるようですね。

シートの座り心地は良い!

キャストのシートの座り心地についてはほとんどのオーナーが満足しています。腰痛などを気にされる方は念のためクッションなどを置いているようです。

オーナーのコメント

  • 前席シートの座り心地が良い。腰痛対策としてクッションは置いてますが…。
  • 長距離でも疲れません。シートの作りもいいと思います。
  • 全体的には軽としてはしっかりとした乗り心地でシートの出来と合わせて良いと思う。

スタイル別のシート

ではそんな絶賛されるシートがどのようなものなのか、改めて見てみましょう。

キャストのスタイル、アクティバ、スポーツの3種類のシートになります。

キャスト

出典:ダイハツ キャストスタイル Gターボ“プライムコレクション SA Ⅲ”

キャスト

出典:ダイハツ キャストスタイル Gターボ“プライムコレクション SA Ⅲ”

キャスト

出典:ダイハツ キャスト スポーツ

キャスト

出典:ダイハツ キャスト スポーツ

キャスト

出典:ダイハツ アクティバ Gターボ“プライムコレクション SA Ⅲ”

キャスト

出典:ダイハツ アクティバ Gターボ“プライムコレクション SA Ⅲ”

いかがでしょう。シンプルでスタイリッシュでかっこいい印象がありますよね。

これは上位グレードをピックアップしていますが、ブラックカラーをベースにしてレザー超のインテリアになっています。上位グレードであればクッションがなくとも問題ないかもしれませんね。

ちなみに下層グレードであったとしても、一般的なソファと同じファブリックを使用しているので座り心地は良いと思います。

キャスト

出典:ダイハツ キャスト 一般グレードの内装

キャスト

出典:ダイハツ キャスト 一般グレードの内装

というわけで、この質なら全然問題なさそうと言うのは直感的にお分かりいただけるかと思います。

シートの特徴としては座ってみると分かりやすいのですが、シートの肩まわりにボリュームがあるので体のサポート性に富んでいて座りやすいのが特徴ですね。

下層グレードのスエード調の生地については 伸縮性がある上、シートがファブリックタイプなので滑りにくいという点が重宝されています。

口コミでもありますが、シートが良いので長距離でも疲れないという意見が多く見られました。

ちなみに筆者が調べた限りだと、ダイハツのミライースも人気がある軽自動車ですが、ミライースよりかはキャストの方がシートの質感が良いです。

特に長距離運転などではミライースの評判は悪いので、週末にアウトドアに行く方や、出かける距離が長い方であれば、キャストやムーヴをおすすめします。一応ミライースの乗り心地は以下でもご紹介しておきます。

視界の広さは問題ないが若干の欠点もある

キャストの視界の広さは問題なく良いという意見が多く見られました。

オーナーのコメント

  • 現行ワゴンRよりも視界は広く車両感覚も掴みやすいです。

いざ乗ってみれば分かりやすいのですが、フロント席からボンネットが少し見えるぐらいのフロントの視界が上下にひらけています。

ボンネットが見えるということは縦列駐車などをするときに前方の車との感覚が分かりやすいので車を止めやすいという点も魅力的ですね。さらに狭い道なんかを通るときなどではかなり楽だと思います。

キャスト

出典:ダイハツ

キャスト

出典:ダイハツ

視界は若干のデメリットあり

全体的な視界は広くて見えやすいという評価ですが、一部の方でネックに感じた例もあるようでしたのでご紹介します。

キャスト

出典:ダイハツ

小回りが若干、ききずらい

  • バックする時にCピラーが太く後方確認しずらい。
  • Uターンが若干しにくい
  • 意外と最小回転半径が大きい事。4.7メートルなので国道での転回でも少し気を使います。

Cピラーの部分が見えづらいようですね。Cピラーは後方部分のヘッドライトから天井を支え得る柱(ピラー)のことになります。

たしかに若干太いかもしれないのでパーキングなどでバックする際には死角になるかもしれません。

キャスト

出典:ダイハツ

視野は広かったが室内サイズは狭い?

室内サイズは若干狭いといったような口コミが目立ったので紹介していきます。

室内は軽ににしては良いがやはり狭い

  • 全体バランスが良い。中の広さは乗用車タイプの軽にしては十分。
  • 4人乗ると大きい荷物は無理でしょう‼
  • 居住性に重点が置かれていると思うので積載性はそれほど高くない。

たしかに、室内については若干狭いといわざるを得ない感じですね。

キャスト

キャスト

出典:ダイハツ

キャスト スタイル アクティバ スポーツ
全長 3,395
全幅 1,475
全高(FF) 1,600 1,630 1,600
ホイールベース 2,455
車両重量(FF) 840〜850kg
乗車店員 4名
室内長 2,005
室内幅 1,320
室内高 1,245
最低地上高 150 180 150
サイズの単位:mm

かなりコンパクトな設計になっているので視界が広いのはあるんですが、やはり室内はというと若干、狭いような印象があります。

大人4人が乗ってしまえば、荷物はほぼ置けないかもしれませんね。

キャスト

キャスト

キャスト

出典:ダイハツ

さらに、Uターンがしづらいと言うコメントもありましたが、たしかに、ダイハツのミライースの最小回転半径がたったの4.4mですので、これと比べれば回転半径が若干大きい(小回りが効きづらい)ようにも感じますね。

ただ、ライバル車である、ホンダのN-BOXと比べたところ、最小回転半径は、どちらも4.7mですので小回りで見るとN-BOXと同様と見て、一般的なレベルだと思います。

本記事のまとめ

いかがでしたでしょうか。今回はキャストの乗り心地についてオーナーの意見を参考にしながら解説してきました。

まとめると、車内の揺れは少なくシートの質も高いので座り心地や居心地は良い反面、荷室が狭く、若干の突き上げもあるので同乗者からするとやや懸念のある車なのかもしれません。

ですが、トータルでの乗り心地の良さでいくと、乗り心地に関して不満に感じるというオーナーはあまり見られませんでしたので軽自動車では居心地は比較的、良好のようです。

その他、キャストに関連する記事は以下になりますので引き続きご覧ください。

本記事がみなさまのクルマ選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

プリウス

この記事の作者に
いいねしてあげよう!

Copyrights(c)2019 pythons. All rights reserved