車検証の住所変更ってどうするの?必要な書類と手続きをわかりやすく解説!

Car-Info

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

引越しや転勤などで住所が変更になった場合に、車検証の住所を変更していますか?なにかと忙しい引越しの際に意外と忘れがちなのが車検証の住所変更です。

本来、住所が変更となって15日以内には変更の手続きをしなければ罰則となりますので注意が必要です。

そこで今回は車検証の住所変更について解説していきたいと思います。

悩むそういえば住所が変わった場合の車検証って住所を変更してないけど大丈夫なんだっけ?

答えは、すぐにしてください!!!です。それでは早速みていきましょう。

  • 住所変更しないとどうなる?
  • 手続きを行う場所
  • 車検と同時に住所変更ができる
  • 手続き前には
  • 変更申請に必要な書類
  • 住所変更の流れ
  • 変更の費用について
  • 住所変更を代行できる
  • 運転免許証の住所変更
  • 本記事のまとめ

住所変更しないとどうなる?

住所変更

転勤などで住所が変わった場合、15日以内に管轄の運輸支局で変更手続きをする必要があります。

では、車検証の住所を変更していない場合にどうなるのかまとめてみました。

  • 罰則がある
  • 毎年5月の自動車税の通知書が届かない
  • 通知が届かず知らない間に延滞税がかかる
  • 車検証と住所が違うと自賠責保険金がおりない
  • リコールの通知を受け取れない

罰則がある

そもそもですが、道路運送車両法によれば15日以内に手続きをしないと定められています。

第十二条 自動車の所有者は、登録されている型式、車台番号、原動機の型式、所有者の氏名若しくは名称若しくは住所又は使用の本拠の位置に変更があったときは、その事由があつた日から十五日以内に、国土交通大臣の行う変更登録の申請をしなければならない。

通知書が届かず延滞

自動車税は毎年4/1に車を所有している方に対してかかる税金で5月頃に登録の住所宛に支払い通知が送られてきます。その際に、住所を変更していない場合に前の住所に送られるため受け取りができません。

また通知書の存在に気づかない場合に税金の支払いが滞るためいつのまにか加算税を取られてしまいます。

これは住所変更だけでなく、中古車購入などの際の名義変更をしていない場合にも同様に、前オーナーとトラブルになるケースが多くあります。

自賠責保険がおりない

自賠責保険は車の所有者に加入が義務付けられている保険のことで、人身事故に対してのみ保険がおります。

その保険金額は死亡時で3000万円になりますが、車検証の住所変更をしていないことで人身事故の保険全額を実費で出すことは生活にも支障をきたします。

リコールの通知を受け取れない

リコール

リコールは自動車メーカーの不手際によって自動車の修理を無償で行う制度ですが、リコール通知がこない場合に乗り続けると事故にあう可能性は高く、無償修理が受けられないという事態になります。

以上のことから、引越しなどをした際にはすぐに車検証の住所変更を行いましょう!

手続きを行う場所

住所変更の際の手続きをする場所は、住所変更後の新しい運輸支局になります。(軽自動車は軽自動車検査協会)で申請します。

もしも引っ越しによって本拠地(管轄する運輸支局)が変わる場合には車事態を持ち込む必要があります。なぜならナンバープレートも変更する必要があるからです。

新しい管轄の運輸支局は国土交通省の全国運輸支局等のご案内で検索できます。

車検と同時に住所変更ができる

車検のタイミング

この住所変更手続きですが、車検のタイミングでも変更ができます。

ただし前述したように、自動車税の通知書が届かないことを考えると3月までには必須で変更を終わらせる必要があります。

そもそも、変更後15日以内に変更することが大前提ですので、引越ししたらすぐに車検証の住所変更を行うということを頭にいれておきましょう。

手続き前には

まず住所が変わった後に行った方がよい、最初の手続きは車庫証明書の取得です。

車庫証明書は、どの場所に自分の車を保管しているのかを証明するための書類です。新車、中古車を購入した際などに警察署に届けているため申請方法はご存知と思います。

車庫証明書をすでに持っていれば問題ないですが、再発行する場合には、再度警察署で申請する必要があります。これには4営業日ほどを要しますので早めに手続きを行うようにしましょう。

変更申請に必要な書類

必要な書類

変更の申請時には所有者の状態によって若干、必要な書類や手続き方法が変更となります。

使用者と所有者が同じ場合

  • 住民票
  • 車検証
  • 車庫証明書
  • 自動車税の納税申告書
  • 委任状
  • 変更の申請書
  • 手数料納付書

・住民票については、3ヶ月以内に発行されたものが必要です。

車検証に登録された住所から現住所までの、つながりがわかる書類でないと受けてもらえませんので、複数枚の住民票(除票)か戸籍の附票が必要になってきます。最寄りの市役所で聞いてみましょう。

・車検証は現在手持ちの車検証が必要です。

・車庫証明書(発行日から1ヶ月以内の車庫証明書が必要で警察署で申請して、およそ4営業日ほどで入手可能になります。

・自動車税の納税申告書が必要になります。

委任状は、ディーラーや中古車販売店に手続きを代行してもらう場合に必要で、所有者の認印が必要になります。

・申請書(第1号様式)については、こちらでもダウンロードできますが、管轄の運輸支局で入手することができますので見本を見ながら記入しましょう。

・手数料納付書は、運輸支局の窓口で入手可能です。印紙は運輸支局の売店で購入できますので当日の対応でOKです。

注意点やアドバイス

・住所変更の場合、押印は実印でなくて認め印でOKです。

・もし現在手持ちの車検証をなくしていた場合には、車検証を再発行しなければいけません。再発行は管轄の運輸支局で可能で、300円ほどで可能です。

ちなみに、車検証と車検有効期間記載のステッカーは本来、原本を携帯していなければ違反となり50万円以下の罰金になりますので、住所変更のタイミングではなくてなくしたタイミングですぐに再発行するようにしましょう。

第六十六条 自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。

※ローンの支払いが終わっていない場合はクルマの所有者が自分ではなくて中古車販売店やディーラー、信販会社の名義になっている場合があります。

その際に代行を使わずに自分で行う場合には、その所有者から委任状をもらう必要があります。

委任状は、あくまで所有者が使用者に対して住所変更の許可を出しているようなものですので、必ず所有者の許可が必要になります。車の所有者が自分で自分が手続きするなら委任状は必要ありません。

※車庫証明書の取得は警察署に出向いて手続きすることになりますが、平日しか空いていないので平日に休むことが難しい場合には代行を依頼すると良いでしょう。

住所変更の流れ

住所変更の流れ

①運輸支局で上記の書類を準備、記入します。

②窓口で印紙を購入(登録手数料350円)

③窓口に書類を提出(書類一式を窓口に提出後その場で待機)

④書類に不備がなければ車検証が交付される

⑤同じ敷地内にある、税事務所に住所変更の申告(自動車税の通知書が新しい住所に送られるように自動車税事務所に住所変更の申告をする

⑥ナンバープレートの変更と封印(ナンバープレートを取り外して変更窓口に返納し、新たなナンバープレートを交付窓口で購入する)

変更の費用について

変更の費用
  • 登録手数料…350円
  • ナンバープレート代…1500円
  • 希望ナンバーを申請時…5000円以上かかります。
  • 車庫証明書…2500円程度

住所変更を代行できる

車検証の住所変更は時間がかかり用意する書類もあるので、これらの手続きを代行することもできます。(ただし上記で説明したように委任状が必要です)

自分で変更の手続きを行う場合には5000円程度ですみますが、地域によってディーラーや中古車販売店で15000円〜4万円近くかかることもあるので直接問い合わせてみましょう!

住所変更以外に、名義変更を行う際の手続きについては中古車の名義変更が必要な理由と手続き方法をわかりやすく解説! でも説明していますので参考になるかと思います。

運転免許証の住所変更

ここまでは、車検証の住所変更について解説してきましたが当然忘れてはいけないのが運転免許証の住所変更です。

住所が変わった場合には運転免許証についても必ず変更を行う必要があります。

変更し忘れていた場合には、車検証の住所変更と同じく、免許更新の通知書が届きません。更新期限をすぎた場合には、また20万円程度を支払って免許を取りに行くという免許取り立ての頃と同じことをしなければなりませんので要注意です。

ちなみに、運転免許証の住所変更は、運転免許試験場、運転免許更新センター、警察署で手続きが可能ですので早めに変更を行っておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は住所変更時の車検証の変更手続きについて詳しく解説してきました。

住所が変わってから15日以内に変更申請をしなければならないものの、多くの方がこの手続きをし忘れて後悔しているケースが後をたちません。

特に税金逃れは脱税になりますので、15日を目安にするのではなくて、住所変更後すぐに申請するということを念頭においておきましょう。

おすすめカー用品や便利グッズをご紹介!

プリウス

この記事の作者に
いいねしてあげよう!

Copyrights(c)2019 pythons. All rights reserved